コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルバロス・ハイレッディン・パシャ バルバロス・ハイレッディン・パシャ Barbaros Hayreddin Paşa

2件 の用語解説(バルバロス・ハイレッディン・パシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルバロス・ハイレッディン・パシャ
バルバロス・ハイレッディン・パシャ
Barbaros Hayreddin Paşa

[生]1483? レズボス島
[没]1546.7.4. イスタンブール
オスマン帝国の提督。本名は Hızır。バルバロスは「赤ひげ」の意であだ名シパーヒーの家に生れ,兄弟4人とも海賊として名高い。青年時代,海賊の捕虜になりロドス島に捕われたが逃亡し,アンタリヤオスマン帝国の王子コルクトの従者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルバロス・ハイレッディン・パシャ
ばるばろすはいれっでぃんぱしゃ
Barbaros Hayreddin Pasa
(1483ころ―1546)

オスマン帝国の海軍提督。本名はフズルHlzlr。レスボス島の騎士の息子。兄オルチとともにチュニス根拠地として海賊や通商をしながら西地中海に勢力を広げた。1516年にアルジェリアの城塞(じょうさい)を占領。この城塞と奴隷をセリム1世に献上してオスマン帝国の臣下となった。33年、スレイマン1世によってアルジェリアの州軍政官に任命された。のち、オスマン艦隊の造船に尽力した功績により海軍提督となり、自ら艦隊を率いて、エーゲ海上の島々を征圧した。38年プレベザ(プレベゼ)の海戦では宿敵アンドレア・ドリアの率いるヨーロッパ連合艦隊を破り、オスマン帝国による地中海制海権の確保を実現した。[永田真知子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルバロス・ハイレッディン・パシャの関連キーワードズボン吊りズボン下セーラーズボン長ズボン半ズボンレスビアン替ズボンマンボスタイルレスボス島生馴れ/生熟れ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone