コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレンボイム

3件 の用語解説(バレンボイムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バレンボイム

アルゼンチン出身のピアノ奏者,指揮者。ウクライナユダヤ人で,ブエノス・アイレス生れ。オーストリアのモーツァルテウム音楽院などに学んだ。E.フィッシャーらに師事し,フランス近代音楽の演奏を得意とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バレンボイム【Daniel Barenboim】

1942‐
アルゼンチン出身のピアニスト,指揮者。ユダヤ人の家系に生まれ,幼少の頃から家庭内で音楽に親しんだ。ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院でピアノと指揮を学ぶ。さらにパリとローマに留学。初めピアニストとしてデビューし,1960年代になると指揮者としても活躍するようになる。情感の豊かな色彩的な音楽づくりに優れ,ベルリオーズサン・サーンスラベルらフランス近代音楽の演奏を得意とする。66年ピアニストとして初来日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バレンボイム
ばれんぼいむ
Daniel Barenboim
(1942― )

イスラエルの指揮者、ピアノ奏者。両親はユダヤ系ウクライナ人で、ブエノス・アイレスに生まれた。初め父にピアノを学ぶ。10歳のときからザルツブルク、パリ、ローマに留学、マルケビッチ、E・フィッシャー、N・ブーランジェNadia Boulanger(1887―1979)などに師事、1950年代なかばからピアノ奏者として活動。62年イスラエルで指揮者としてデビュー、ロンドンイギリス室内管弦楽団を指揮して名をあげ、世界各地の管弦楽団に客演。75~89年パリ管弦楽団音楽監督。91年シカゴ交響楽団音楽監督に就任、あわせて92年からベルリン国立歌劇場音楽総監督も務めている。1966年(昭和41)初来日。
 ピアノと指揮を両立させてきた数少ない演奏家だが、1970年代後半からは指揮に重点を移し、可ならざるはなしといえるほど広いレパートリーをもち、それに磨きをかけ、深い表現力を具(そな)えるに至った。91年に自伝『A Life in Music』(邦訳『音楽に生きる』)を出版。2002年ベルリン国立歌劇場を率いて来日、ワーグナーの楽劇『ニーベルングの指環(ゆびわ)』全曲公演を指揮して評価を高めた。[岩井宏之]
『蓑田洋子訳『音楽に生きる――ダニエル・バレンボイム自伝』(1994・音楽之友社) ▽吉田秀和著『吉田秀和全集13 音楽家のこと』新装復刊版(2001・白水社)』
「バレンボイム指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏『シューベルト:交響曲全集』CD4枚組(1997・ソニー・ミュージックエンタテインメント) ▽『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』全5巻(1998・東芝EMI) ▽バレンボイム指揮、ベルリン・シュターツカペレ演奏『ベートーヴェン:交響曲全集』CD6枚組(2000・ワーナーミュージック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バレンボイムの関連キーワードフォークランド戦争アルゼンチンタンゴピアソラピアニストプエルトイグアスウィリアムスチェルニー(ツェルニー)ヒアネオレーヴローゼンハイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バレンボイムの関連情報