コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バロッチ Barocci, Federico

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バロッチ
Barocci, Federico

[生]1526頃. ウルビノ
[没]1612. ウルビノ
イタリアの画家。本名 Federico Fiori。Barocciは Baroccioとも書く。バティスタ・フランコの弟子。1550年頃にラファエロの作品を学ぶため,また 1560年頃には教皇ピウス4世のバチカンの別荘を装飾するためにローマに滞在したが,それ以外は終生ウルビノで活動した。極端な明暗の対比と情感豊かな色彩で独自の画風を確立,バロック美術の先駆者とされる。銅版画,パステル画にも優れた。代表作『エジプト避難途上の休息』(1573,バチカン美術館),『民衆の聖母』(1579,フィレンツェ,ウフィツィ美術館)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バロッチ【Federico Barocci】

1535ころ‐1612
イタリアの画家。1550年代から60年代にかけてのローマ滞在を除き,生涯を生地ウルビノで送り,イタリア各地からの注文にこたえた宗教画やウルビノの宮廷人の肖像画を描く。後期マニエリストの世代に属するが,ラファエロやコレッジョの理想的優美と写生に基づく現実の手ごたえとを結びつけた人物表現,奥深く大気に満ちた空間,情動的効果をもつダイナミックな構図と明暗法などにおいて,17世紀のバロック様式を先取りしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バロッチ
ばろっち
Federigo Barocci
(1528/35―1612)

イタリアの後期マニエリスムおよび初期バロックの画家。ウルビーノに生まれ、同地に没。ベネチア出身の画家に絵画の手ほどきを受け、ペーザロでジローラモ・ジェンガに学ぶ。1550年ころローマに出て、60年にはピウス4世の小邸(バチカン庭園内)のフレスコ装飾に着手し、その完成により名声を高める。68~69年ペルージアの大聖堂のために描いた『十字架降下』は、大胆な身ぶりの人物たちが人為的な明暗対比とダイナミックな構図のうちに描き出された作品で、そこにはすでにルーベンスのバロック様式の予兆を看取することができる。また絵画の準備段階に習作として描いた数多くの素描がある。[小針由紀隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バロッチの関連キーワードペルージャの大聖堂血圧計

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android