バークシャー(読み)ばーくしゃー(英語表記)Berkshire

翻訳|Berkshire

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バークシャー(イギリス)
ばーくしゃー
Berkshire

イギリス、イングランド南部にあったカウンティ(県)。県都はレディングであった。1998年に六つのユニタリー・オーソリティー(一層制地方自治体)に再編され、バークシャー県は廃止された。新設のユニタリー・オーソリティーは、ブラックネル・フォレスト(面積109平方キロメートル、人口10万9606)、レディング(面積40平方キロメートル、人口14万3124)、スロウ(面積27平方キロメートル、人口11万9070)、ウェスト・バークシャー(面積704平方キロメートル、人口14万4445)、ウィンザー・アンド・メイデンヘッド(面積198平方キロメートル、人口13万3606)、ウォーキンガム(面積179平方キロメートル、人口15万0257)となっている(数値は2001年)。旧バークシャー県は、首都ロンドン西郊にあり、東部の白亜紀層の丘陵バークシャー・ダウンズBerkshire Downsと、西部のテムズ川右岸の沖積低地からなり、大消費地ロンドンを控えた農業県で、穀作、園芸農業、果樹栽培、酪農、養豚、養鶏などが盛んであった。バークシャー種のブタの原産地。三つの農業試験場とレディング大学が農業技術の教育・研究機関となっていた。工業は第二次世界大戦前からの農業機械のほか、食品、醸造、製紙などの軽工業が中心で、戦後ハーウェルに原子力発電所、オールダーマストンに原子力研究・兵器施設ができた。
 先史時代から定住者があり、西部の低地はローマ人の進出ルートとなった。アングロ・サクソン時代にはマーシア王国、ついでウェセックス王国に属した。17世紀のピューリタン革命(イギリス革命)中は、東部のニューベリーが戦場となった。イギリス王室の離宮ウィンザー城や有名なパブリック・スクールのイートン校が県域内にあった。[久保田武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バークシャーの関連情報