バーク(読み)ばーく(英語表記)Edmund Burke

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーク(Edmund Burke)
ばーく
Edmund Burke
(1729―1797)

イギリスの政治家、思想家。アイルランドのダブリンに生まれる。1750年ごろロンドンに移り、『自然社会の擁護』(1756)、『崇高と美の観念の起源に関する哲学的探究』(1757)を著して批評家として認められる。1765年以降政界に入り、ホイッグ党(イギリス)指導者のロッキンガム卿(きょう)Charles Watson-Wentworth, 2nd marquess of Rockingham(1730―1782)の秘書兼相談役となる。翌1766年から引退する1794年まで下院議員。政治家としてのバークはロッキンガム卿の死(1782)までは同派の中心人物として下院指導者の地位にあり、それ以後もフランス革命まではつねにホイッグ党左派の指導者であった。この時期の活動としておもなものは、専制化の傾向を強めていた国王ジョージ3世およびその側近に対する批判、アメリカ植民地との和解の主張=戦争反対、アイルランド解放などであった。国王と宮廷勢力を批判してイギリスの伝統的混合政体と政党政治の意義を主張した『現代の不満の原因の考察』(1770)や、選挙区有権者が自分の狭い利益要求を議員に押し付けることに反対して一般代表の理論を唱えた『ブリストル演説』(1774)は、この時期の傑作とされている。フランス革命を迎えて彼は、それがフランスだけではなく全ヨーロッパの旧体制を破壊に導くことを見抜き、『フランス革命の省察』(1790)を著して革命批判を行った。民主主義はすべてを水平化して社会の良風を破壊すること、社会は諸身分を含む「多様性のなかの統一」でなければならず、世襲王政、貴族、国教制キリスト教はすべてなくてはならぬこと、イギリスの伝統的体制はこれらすべてを備えた「すべての学問、技芸、美徳」における完全な体制、すなわち文明社会そのものであること、などがその主張であった。彼自身は反革命の不成功、ひとり息子の死など失意のうちに世を去ったが、『フランス革命の省察』はその後のロマン主義や保守主義の古典として、とくに19世紀前半に、イギリスだけでなくヨーロッパ全体に強い影響を与えた。[半澤孝麿]
『中野好之・半澤孝麿訳『エドマンド・バーク著作集』全3巻(1973、1978・みすず書房) ▽エドマンド・バーク著、佐藤健志編訳『新訳 フランス革命の省察――「保守主義の父」かく語りき』(PHP新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バークの関連情報