コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バース党 バースとうHizb al-Ba'th al-Arabi al-Ishtiraki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バース党
バースとう
Hizb al-Ba'th al-Arabi al-Ishtiraki

国境をこえたアラブ地域内の民族政党。正式にはアラブ復興社会党という。バースとは,アラビア語で「復興」の意味。1943年M.アフラクとサラーフ・ディーン・ビータールによってシリアのダマスカスで設立され,1947年に組織化されたアラブ・バース党と,アクラム・ホウラニのアラブ社会党が 1953年に合併して成立。アラブの民族独立,統一社会主義を綱領としている。シリアに本部があり,イラク,ヨルダンなどアラブ諸国に支部をもつ。シリアでは 1954年の総選挙後の混乱が続くなかで実力をたくわえ,軍部の一部と組み政治の実権を握った。1958年にはバース党主導のもとにエジプトとの合併によるアラブ連合共和国樹立したが,エジプト本位の政治体制への危機感から 1961年には軍部によるクーデターが発生し,エジプトとの合併を解消した。その後再び権力闘争が続いたが,1963年3月に軍部と提携しクーデターを決行,ビータール政権を樹立した。以後バース党はシリア唯一の支配政党となったが,党内では民族主義勢力,地域主義勢力,宗派対立など派閥抗争が激化していった。その結果,1966年には創設者のアフラクやビータールが追放されるなど左右の対立が激しさを増した。そうしたなか,1970年11月にハフェズ・アル・アサドが無血クーデターで全権を掌握。以後バース党を国家の指導政党と位置づけて権威主義的な体制を確立した。なおイラクで政権をとっているバース党とは敵対関係にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

バース党

シリアのギリシャ正教徒の家庭に生まれたミシェル・アフラクらが1947年に起こしたアラブ復興党が53年にアラブ社会党と合体、アラブ復興社会党が誕生した。バース党はその略称で、バースとはルネサンスを意味する。統一・自由・社会主義をスローガンに、アラブの統一とアラブ社会主義を唱えた。統一と社会主義建設によって、かつてのアラブの栄光を復活させることを目指している。この運動は国境を越えて拡大し、60年代にはバース党がイラクとシリアで権力を掌握した。シリアの場合には少数派のアラウィー派が、フセイン政権崩壊前のイラクの場合にはティクリート出身の大統領とその一族が、政権を維持する隠れ蓑にバース党という看板を使ったに過ぎない、との見方がある。イラクの場合、68年から、米国の攻撃を受ける2003年まで35年間にわたりバース党の支配下にあった。この間に育成されたテクノクラート層の多くはバース党員や支持者である。こうした人材をどう遇するかがイラク復興のカギとなる。

(高橋和夫 放送大学助教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

バース党【バースとう】

アラブ復興社会党の略称。〈バースbath〉は復興,再生の意。シリアのダマスカスに本部を置き,アラブ諸国に支部をもつアラブ民族主義政党。1953年アラブ復興党とシリア社会党が統一して結成された。
→関連項目アサドアラウィー派アラブ連合共和国シリアフセインミシェル・アフラク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バースとう【バース党】

第2次世界大戦後いくつかのアラブ諸国に生まれたアラブ民族主義政党。アラブ復興社会党の略称。バースba‘thは復興,再生を意味する。1940年代初期のシリアのアラブ民族主義運動の組織を母体とする。それは,パリに留学し帰国後教員となったミシェル・アフラクやサラーフ・ビタールSalāḥ al‐Dīn al‐Biṭār(1912‐80),イスケンデルン出身のザキー・アルアルスージーZakī al‐Arsūzī(1900‐68)らが中心となって結成された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バースとう【バース党】

アラビア ba‘th は復興の意〕
第二次大戦後、一部のアラブ諸国に生まれたアラブ民族主義政党。統一・自由・社会主義に基づく単一アラブ国家の樹立を主張。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バース党
ばーすとう

シリア、イラクなどで活動する汎アラブ民族主義政党。正式名称はアラブ社会主義バース党izb al-Ba‘th al-‘Arab al-Ishtirk(Arab Socialist Renaissance Party)。バースは復興(ルネサンス)の意で、原音により忠実な表記はバアスである。1940年にダマスカスで秘密結社として結成され、1947年に正式発足した。結党当初はアラブ・バース党を名乗っていたが、1953年にアラブ社会党と合併し現在の党名に改称した。「単一のアラブ民族、永遠の使命を担う」をスローガンとし、「統一、自由、社会主義」という基本原則を掲げ、アラブ統一、植民地主義およびシオニズムからの解放、アラブ大衆による社会的公正の実現を目ざした。1950年代、ヨルダン、レバノン、イラクなどに勢力を拡大したが、アラブ統一実現の第一歩となるはずだったエジプトとシリアの合邦(1958~1961年)が挫折(ざせつ)して以降、活動方針やイデオロギー解釈をめぐり党内対立が激化した。1963年にシリアで、1968年にイラクでクーデターにより政権を獲得したが、この党内対立は権力の一極集中を招き、1970年にシリアでハーフィズ・アサド政権が、1979年にイラクでフセイン政権が誕生すると、党は権威主義体制を維持するための道具と化した。その後シリアでは2000年に前大統領の次男であるバッシャール・アサドが父の死を受けて大統領に就任し、バース党支配は「世襲共和制」(ジュムルーキーヤ)の段階に入った。一方、イラクでは2003年のイラク戦争により、フセイン政権が崩壊、バース党は反体制組織として地下に潜伏した。[青山弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバース党の言及

【アラブ連合共和国】より

…時代史的には当時アラブ地域に高まっていた全アラブ統合主義の政治的表現と見ることができる。しかし現実の統合過程において,推進母体であるエジプトのナーセルとシリアのバース党は当初から異なった期待と戦略を抱いていた。バース党が統合過程を通してシリア内部での実質的支配権を握ろうとしたのに対し,ナーセルは合邦の条件として,〈一部のシリア人が望んでいるような緩い連邦制ではなく,高度に中央集権化された統合体〉を構想していた。…

【シリア】より

… 一方,30年代から40年代にかけて,インテリ,青年,学生を中心とする民族主義者の運動が出現し新しい政党へと発展した。その代表は,宗教と国家を分離しシリア主義を唱えファシズムに影響されたサアーダの率いるシリア民族主義党(PPS)と,アラブの統一を基本命題としミシェル・アフラク,サラーフ・ビタールの率いるバース党である。また,イスラム教徒のムスリム同胞団や,クルドやキリスト教徒などに支持を得た共産党も活動を展開していた。…

※「バース党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バース党の関連キーワードフセイン(Saddam Hussein Takriti)サダム・フセイン元イラク大統領バッシャール・アル アサドアブデル・カリム カセムアブドル・ハリム ハダムムハンマド・ナジ オタリカーリド バクダーシュサラーフウッディーン県ナジム・アル クドシバース党[イラク]A.エル ハフェズイラクの宗派対立A.H. バクルN. アターシーS. フセインS. ビタールM. アフラクヌーリ マリキH. アサドヌサイリー派

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バース党の関連情報