コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーミングハム バーミングハムBirmingham

翻訳|Birmingham

7件 の用語解説(バーミングハムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーミングハム
バーミングハム
Birmingham

アメリカ合衆国アラバマ州中北部にある同州最大の都市。 1871年鉄道の結節点としてワタ畑のなかに建設された町で,1907年 U.S.スチール社が地元の鉄鋼会社を買収してから発展,南部最大の工業都市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バーミングハム
バーミングハム
Birmingham

アメリカ合衆国,ミシガン州南東部,デトロイトの北西 25kmにある都市。ルージュ川の岸にある。 1817年入植,駅馬車の宿場であった。現在のおもな産業は農業機具の製造である。人口1万 9997 (1990) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バーミングハム

米国,アラバマ州中部の工業都市。アパラチア山脈南西麓の鉄鉱石・石炭産地をひかえ南部最大の鉄鋼工業都市に発展。鉄鋼のほか,セメント,化学,機械などの工業も行われる
→関連項目アラバマ[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バーミングハム【Birmingham】

アメリカ合衆国南部,アラバマ州最大の都市。人口26万5000(1994)。〈南部のピッツバーグ〉と呼ばれるほど鉄鋼の町として有名で,1871年に町がつくられて以来急速に発展し,後進地帯の南部にとって〈新南部〉のシンボルとして騒がれた。しかし住民の約半数に及ぶ黒人たちは人種差別に苦しみ,1950年代後半から高まった黒人革命のなかで,しばしば闘争の場となった。61年〈自由のための乗車運動〉の参加者Freedom Ridersのバスは,ここで多数の反動的白人の暴徒に襲撃され,62年に人種差別主義者G.C.ウォーレスが州知事に当選すると,63年キング牧師の指導する公民権闘争にも市の警察署長以下が対抗し,牧師を逮捕して刑務所に送り,64年には黒人教会が爆破された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

バーミングハム【Birmingham】

アメリカ合衆国の南部、アラバマ州の都市。付近に鉄・石炭の産地をひかえ、製鉄業が発達。バーミンガム。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーミングハム
ばーみんぐはむ
Birmingham

アメリカ合衆国、アラバマ州北部の工業都市。人口24万2820(2000)。大都市圏人口92万1106(2000)。アパラチア山脈の南端、ジョンズ河谷に位置し、同州最大の都市であるとともに、合衆国南部の鉄鋼業の中心地でもある。製鉄業に必要な鉄鉱石、石灰岩、石炭が近くで産出され、製鉄業と金属加工業が発達した。このほかにも輸送用機器、建設用資材、化学製品などが生産される。商業、金融、保険、研究機関の活動も活発で、アラバマ州北部の経済中心地である。1871年に製鉄の町として建設され、製鉄、および鉄道網の発達とともに成長してきた。その後、地元での鉄鉱石の採掘は減少し、ほとんどの鉄鉱石は南アメリカから輸入され、メキシコ湾からの運河で輸送されるようになった。アラバマ大学医学部やサンフォード大学、交響楽団博物館オペラ日本庭園のある植物園などをもち、文化都市でもある。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバーミングハムの言及

【アラバマ[州]】より

…面積13万3915km2,人口427万(1996)。州都はモンゴメリー,最大都市はバーミングハム。州名はチョクトー・インディアンの言葉alba ayamule(茂みを切り開く)に由来するといわれる。…

※「バーミングハム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーミングハムの関連情報