コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーラタ・ナティヤム bharata natyam

1件 の用語解説(バーラタ・ナティヤムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バーラタ・ナティヤム【bharata natyam】

インドの代表的な舞踊の一つ。踊手が1人でいろいろの役を演じ踊る形式をいい,現在タミルナードゥ州南東部,とくにマドラス市を中心に行われている。デーバダーシーdevadāsī(神の召使)と呼ばれるヒンドゥー教の寺院に所属する女性によって伝承されてきたが,封建制度の発達につれ,君主や土侯の宮廷でも踊られるようになった。しかし,デーバダーシーがついには遊女のようなものになってしまい,舞踊は衰退した。20世紀の初頭,古文化再認識の動きに伴って,バーラタ・ナティヤムは寺院を離れ,舞台芸術として再生し,一般の人々がこの舞踊を学び楽しむようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーラタ・ナティヤムの関連キーワードサラバンド変化物秋田音頭コレオグラフィーオリッシ新舞踊劇運動バーラタナーティヤムホルスタイン乳牛対応時間の法則エイトフィギュア

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone