コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーンズ バーンズ Barnes, Barnabe

15件 の用語解説(バーンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーンズ
バーンズ
Barnes, Barnabe

[生]1569頃
[没]1609
イギリスの詩人,劇作家。オックスフォード大学で学ぶ。 P.シドニーの影響を受けて書いたソネット連作『パーセノフィルとパーセノフィ』 Parthenophil and Parthenophe (1593) や悲劇『悪魔の特許』 The Devil's Charter (1607) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バーンズ
バーンズ
Barnes, Sir Kenneth

[生]1878.9.11. ヘビトリー
[没]1957.10.16.
イギリスの演劇人。フルネーム Sir Kenneth Ralph Barnes。女優バイオレット・バンブラ,アイリーン・バンブラの弟。1909~55年ロンドンロイヤル演劇アカデミーの校長を務め,多くの若い俳優を育成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バーンズ
バーンズ
Barnes, Thomas

[生]1785.9.16. ロンドン
[没]1841.5.7. ロンドン
イギリスのジャーナリストケンブリッジ大学卒業後,G.ハント,C.ラム,W.ハズリットらと交わり,『リフレクター』や『エグザミナー』誌上で文学,演劇評論に健筆をふるう一方,『ロンドン・タイムズ』にも政治評論を寄稿した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バーンズ
バーンズ
Barnes, William

[生]1801.2.22. ドーセットシャー,バグバー
[没]1886.10.7. ウインターボーンケイム
イギリスの詩人,言語学者,聖職者。ケンブリッジ大学に学び,ケイムの教区牧師となった。ラテン系の語彙から英語を純化しようとしてドーセット方言で『田園生活の詩』 Poems of Rural Life (3巻,1844,59,63) を刊行,ハーディや G.M.ホプキンズにも影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バーンズ
バーンズ
Burnes, Sir Alexander

[生]1805.5.16. フォーファーシャー,モントローズ
[没]1841.11.2. カブール
イギリスの探検家,行政官。 1821年ベンガル軍の旗手。 23~29年カッチで政治的任務につき,31年インダス川上流部に派遣された。翌年ペシャワル,カブールを通り,ブハラマシュハドカスピ海地方,テヘランペルシア湾まで変装旅行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バーンズ
バーンズ
Burns, Anthony

[生]1834.5.31. バージニア,スタフォード
[没]1862.7.27. カナダ,セントカサリンズ
アメリカ南北戦争前にバージニアの奴隷の身分から逃亡してついに自由の身分となった逃亡奴隷。 1854年逃亡してボストンで捕われたが,のち金で自由の身分を買取り,カナダでバプテスト教会の牧師となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バーンズ
バーンズ
Burns, Arthur Frank

[生]1904.4.27. オーストリア,スタニスラウ
[没]1987.6.26. メリーランド,ボルチモア
オーストリア生れのアメリカの経済学者。少年時代にアメリカへ渡り,コロンビア大学卒業後,ラトガーズ,コロンビア両大学の経済学教授を歴任。 1953~56年アイゼンハワー政権下の大統領経済諮問委員長,57~67年全米経済研究所 NBER所長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バーンズ
バーンズ
Burns, Robert

[生]1759.1.25. エアシャー,アロウェー
[没]1796.7.21. ダムフリーズ
スコットランドの詩人。貧農の家に生れたが,『詩集-主としてスコットランド方言による』 Poems,Chiefly in the Scottish Dialect (1786) で抒情と風刺の詩人として名声を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バーンズ
バーンズ
Byrnes, James Francis

[生]1879.5.2. サウスカロライナチャールストン
[没]1972.4.10. サウスカロライナ,コロンビア
アメリカの政治家。 1903年独学で法曹界に入り,10~25年下院議員 (民主党) ,31年上院議員,41年最高裁判所判事第2次世界大戦中は経済安定局長官,戦時動員局長官を歴任。 45年 H.トルーマン大統領のもとで国務長官として外交を担当し,ポツダム会談など多くの重要な国際会議に出席した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バーンズ(Robert Burns)

[1759~1796]英国の詩人。生地スコットランドの方言で純粋素朴な作品を書き、国民詩人と称された。「蛍の光」の原詩「オールド‐ラング‐サイン」は有名。作「シャンタのタム」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バーンズ

英国の詩人。スコットランドの農民出身で早くから民謡や古謡に親しみ,方言を駆使して生命感とユーモアにあふれる抒情詩や風刺詩を書いた。《愉快な乞食たち》(1799年)《ねずみ》オールドラングサイン蛍の光)》《シャンターのタム》(1795年)《ライ麦畑をこえて》など。

バーンズ

米国の政治家。約30年間上・下両院議員を勤め民主党幹部として重きをなした。第2次大戦中ローズベルト大統領の下で経済面を指導。のち国務長官(1945年―1947年)として戦後外交を担当,ポツダム宣言と日本の降伏を処理した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バーンズ【James Francis Byrnes】

1879‐1972
第2次大戦から戦後にかけてのアメリカの政治家。サウス・カロライナ州選出の民主党上院議員からF.D.ローズベルト政権の最も有力な行政官となった。最高裁判事(1941‐42)を経て,1942年に経済安定局の長官,翌年には戦争動員局長官となり,大統領の厚い信任を受けて,戦時の内政と外交にまたがる大きな足跡を残した。45年7月,トルーマン大統領によって国務長官に任命され,ポツダム宣言と日本の降伏を処理した。

バーンズ【Robert Burns】

1759‐96
イギリス,スコットランドの国民詩人。アロウェーの粘土小屋で貧農の子として生まれた。借地の農地を移り住みながら,父のきびしい教育をうけ,母からスコットランドの伝説や古謡を習った。読書と農耕生活のなかで詩才をみがき,1780年には〈ターボルトン独身クラブ〉を創設,詩作や社会活動に従事した。86年には《おもにスコットランド方言による詩集》(キルマーノック版)を出して詩人としてデビューした。エジンバラの社交界で一時もてはやされたが,経済事情は好転しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バーンズ【Robert Burns】

1759~1796) イギリスの詩人。スコットランド方言で庶民の生活感情をうたいあげ、国民詩人と仰がれる。代表作「オールド-ラング-サイン」(「蛍の光」の原詩)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバーンズの言及

【エア】より

…エア川(Ayrは〈流れの急な清流〉を意味するゲーリック語arから派生)の南岸に位置する。スコットランドの国民詩人ロバート・バーンズは5km南のアロウェーAllowayの出身で,彼の歌った13世紀の〈古橋Auld Brig〉は今も残っている。クライド川地域にとって代わられるまで中世を通じて西部沿岸の主要港湾であった。…

【蛍の光】より

…学校の卒業式や送別の会で愛唱されている歌。原曲はスコットランド民謡詩人R.バーンズが作詞して1794年発表した《Auld Lang Syne(久しき昔)》で,イギリス,アメリカでは送別歌として普及した。日本では文部省音楽取調掛編《小学唱歌集初編》(1881)に《蛍》の題で取り上げられ,のち〈蛍の光〉として広まった。…

※「バーンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーンズの関連キーワードエアスコットランドヤードスコットランド国民党スコッチツイードスコット記念碑チェビオットスコットランド幻想曲スコットランド室内管弦楽団ウォルター-スコットの家スコットランド風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーンズの関連情報