コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウストフスキー パウストフスキー Paustovskii, Konstantin Georgievich

5件 の用語解説(パウストフスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウストフスキー
パウストフスキー
Paustovskii, Konstantin Georgievich

[生]1892.5.31. モスクワ
[没]1968.7.14. モスクワ
ソ連の小説家。ロシアの美しい自然を格調高い文体で表現し,散文の詩人と呼ばれた。代表作『森の物語』 Povest' o lesakh (1949) ,6部からなる自叙伝『生涯の物語』 Povest' o zhizni (1945~63) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パウストフスキー

ロシア(ソ連)の作家。モスクワ生れ。十月革命ジャーナリストとして活動,異国のかおり豊かな中編《カラ・ブガズ》(1932年),《コルヒダ》で文壇に出る。以後ロシアの自然を描いた散文詩的な中・短編によって知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パウストフスキー【Konstantin Georgievich Paustovskii】

1892‐1968
ソ連邦の作家。父方はコサックの血をひく。モスクワ生れだが,ロシア各地を転々とし,作家となる前にさまざまな職業を経験した。初期の代表作は,カスピ海を舞台とした《カラ・ブガズ》(1932),カフカスを舞台とした《コルヒダ》(1934),作家A.S.グリーンを描いた《黒海》(1936)などで,いずれも南方に題材をとった異国情緒あふれる作品である。旅に情熱を燃やしたパウストフスキーはやがて北部・中部ロシアの自然の美も発見し,《北の物語》(1938),《メシチョラ地方》(1939)などとなって結実する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パウストフスキー【Konstantin Georgievich Paustovskii】

1892~1968) ソ連の小説家。抒情的散文の名手として知られる。「コルヒーダ」「北の物語」「雪」などの小説のほか、全六巻の自伝的回想「人生の物語」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パウストフスキー
ぱうすとふすきー
Константин Георгиевич Паустовский Konstantin Georgievich Paustovskiy
(1892―1968)

ロシアの小説家。モスクワに生まれ、キエフ大学(ウクライナ)、モスクワ大学に学ぶ。1912年に最初の短編を発表、以後ロシア各地を回り、車掌、看護卒、教師、新聞記者などの職を転々としながら最初の長編『ロマンチストたち』(1916~23、35刊)を書く。人物の経歴などは捨象して、もっぱらその感情生活に焦点をあてた特異な作風が注目される。『悪寒(おかん)』(1925)、『植民地商品のラベル』(1928)などエキゾチシズムを基調にした短編を書き続け、同じ感性で社会主義建設時代のカスピ海沿岸を描いた『カラ・ブガス』(1932)、南部を舞台にした『コルヒーダ』(1934)の両中編で作家的地位を確立した。以後『黒海』(1936)、『イサク・レビタン』(1937)、『北の物語』(1939)その他多くの短編で叙情的散文の名手として知られる。第二次世界大戦後は中部ロシアに定住、その自然への愛着をつづった『森の物語』(1949)、創作の機微を語った『黄金のバラ』(1956)などを発表。全6部からなる『生涯の物語』(1945~63)は20世紀初頭から革命前後までを個人の目と感性を通して眺めた異色の自伝文学である。晩年は当時のソ連での文学の自立性擁護の立場にたち、文集『文学モスクワ』(1956)、『タルーサのページ』(1961)など自主的出版の編集を指導、新人の発掘、粛清の犠牲者の復権に力を注ぎ、文学界の敬愛を集めた。[江川 卓]
『喜田説治訳『森林物語』(1971・パピルス)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パウストフスキーの関連キーワード静かなドンソ連腕を引く皇胤ソ連邦血を引くひくひくきみの血をバトルコサックソビエト連邦作家同盟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone