コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パシグ[川] Pasig River

世界大百科事典 第2版の解説

パシグ[川]【Pasig River】

フィリピン,ルソン島南部,マニラを東から西に横切る川。バイ湖の北西端に発し,途中パシグ町で北から流れてきたマリキナ川と合流,マニラの市街地をゆっくりと蛇行しながらマニラ湾に注ぐ。全長24kmと短いが水量は豊富で,マニラ市内の景観に色を添える。スペイン時代の城郭都市イントラムロスIntramurosは河口左岸に,現在の大統領宮殿は右岸の河口から4kmの地点にある。パシグとはピリピーノ語で川もしくは砂の堤防の意である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android