コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パシグ[川] Pasig River

1件 の用語解説(パシグ[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パシグ[川]【Pasig River】

フィリピン,ルソン島南部,マニラを東から西に横切る川。バイ湖の北西端に発し,途中パシグ町で北から流れてきたマリキナ川と合流,マニラの市街地をゆっくりと蛇行しながらマニラ湾に注ぐ。全長24kmと短いが水量は豊富で,マニラ市内の景観に色を添える。スペイン時代の城郭都市イントラムロスIntramurosは河口左岸に,現在の大統領宮殿は右岸の河口から4kmの地点にある。パシグとはピリピーノ語で川もしくは砂の堤防の意である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パシグ[川]の関連キーワードタガログ族フィリピン海フィリピン海溝マニラミンダナオ島ルソン島比律賓フィリピン諸島フィリピン鷲大マニラ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone