コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニラ湾 マニラわん Manila Bay

3件 の用語解説(マニラ湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニラ湾
マニラわん
Manila Bay

フィリピン,ルソン島中央西部にある南シナ海からの湾入。西をバターン半島,南東をバタンガス半島に囲まれる。最大幅 58kmに対し,湾口は 18kmと狭く,湾口中央にコレヒドール島がある。全般に浅く,水深 10~40m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マニラわん【マニラ湾 Manila Bay】

フィリピンのルソン島南西部にある天然の良湾。西岸をバターン半島で遮へいされ,湾内面積は約1500km2。奥行は50km以上と深いが,湾口は幅20kmと狭く,しかもコレヒドール島が浮かんでいて船の航行のチェックをしやすくしている。古くから中国人など貿易商人が出入りしたが,1571年湾の東岸にマニラが建設されて以後は久しくガレオン船貿易の拠点となり,1834年のマニラ開港後は国際港としてフィリピンの海の玄関となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マニラ湾
まにらわん
Manila Bay

フィリピン、ルソン島南西部の湾。西に突出するバターン半島により南シナ海から遮られた良湾である。北岸にはパンパンガ川の平野が開け、東岸にはマニラ市、南岸にはかつてのアメリカの軍港カビテがある。南西の狭い湾口にはコレヒドール島が浮かぶ。1571年マニラ市が建設されて以来フィリピンの海の玄関となり、アメリカ・スペイン戦争や第二次世界大戦時には、湾内やその周辺が戦場となった。[大矢雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マニラ湾の関連キーワードシランフィリピン海溝マニラルソン海峡ルソン島比律賓フィリピン諸島フィリピン鷲ルソンの谷間フィリピンの金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マニラ湾の関連情報