コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニラ湾 マニラわんManila Bay

3件 の用語解説(マニラ湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニラ湾
マニラわん
Manila Bay

フィリピン,ルソン島中央西部にある南シナ海からの湾入。西をバターン半島,南東をバタンガス半島に囲まれる。最大幅 58kmに対し,湾口は 18kmと狭く,湾口中央にコレヒドール島がある。全般に浅く,水深 10~40m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マニラわん【マニラ湾 Manila Bay】

フィリピンのルソン島南西部にある天然の良湾。西岸をバターン半島で遮へいされ,湾内面積は約1500km2。奥行は50km以上と深いが,湾口は幅20kmと狭く,しかもコレヒドール島が浮かんでいて船の航行のチェックをしやすくしている。古くから中国人など貿易商人が出入りしたが,1571年湾の東岸にマニラが建設されて以後は久しくガレオン船貿易の拠点となり,1834年のマニラ開港後は国際港としてフィリピンの海の玄関となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マニラ湾
まにらわん
Manila Bay

フィリピン、ルソン島南西部の湾。西に突出するバターン半島により南シナ海から遮られた良湾である。北岸にはパンパンガ川の平野が開け、東岸にはマニラ市、南岸にはかつてのアメリカの軍港カビテがある。南西の狭い湾口にはコレヒドール島が浮かぶ。1571年マニラ市が建設されて以来フィリピンの海の玄関となり、アメリカ・スペイン戦争や第二次世界大戦時には、湾内やその周辺が戦場となった。[大矢雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マニラ湾の関連情報