コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイ湖 バイこLaguna de Bay

3件 の用語解説(バイ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイ湖
バイこ
Laguna de Bay

フィリピン,ルソン島マニラの南東方にある同国最大の湖。面積約 900km2。周囲 220km。中央部にタリム島が浮ぶ。かつてはマニラ湾の一部であったが,地殻変動により切断されて湖となったといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バイ‐こ【バイ湖】

Laguna de Bay》フィリピン、ルソン島中南部にある同国最大の湖。大マニラ首都圏の南東に位置する。中央にタリム島が浮かび、北西岸からパシッグ川がマニラ湾に流出する。養殖業が盛ん。ライギョ、マス、ハゼなどの漁獲がある。バエ湖。ラグナ‐デ‐バイ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイ湖
ばいこ
Laguna de Bay

フィリピン北部、ルソン島中南部にあるフィリピン最大の湖。ラグナ・デ・バイともいう。面積891平方キロメートル。湖の中にタリム島があり、北岸からは二つの半島が突き出ている。かつてはマニラ湾の入り江の一部であったが、火山砕屑物(さいせつぶつ)の堆積(たいせき)と土地の隆起により海との連絡を断たれたもので、一般に水深は浅く、最大でも7.3メートルにすぎない。湖面は海水面とほぼ同高度で、北西部からパシグ川が排水口としてマニラ湾に注ぐ。水産物は豊富で、ライギョ、マス、ハゼなどの漁獲が多い。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone