コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイ湖 バイこ Laguna de Bay

3件 の用語解説(バイ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイ湖
バイこ
Laguna de Bay

フィリピン,ルソン島マニラの南東方にある同国最大の湖。面積約 900km2。周囲 220km。中央部にタリム島が浮ぶ。かつてはマニラ湾の一部であったが,地殻変動により切断されて湖となったといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バイ‐こ【バイ湖】

Laguna de Bay》フィリピン、ルソン島中南部にある同国最大の湖。大マニラ首都圏の南東に位置する。中央にタリム島が浮かび、北西岸からパシッグ川がマニラ湾に流出する。養殖業が盛ん。ライギョ、マス、ハゼなどの漁獲がある。バエ湖。ラグナ‐デ‐バイ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイ湖
ばいこ
Laguna de Bay

フィリピン北部、ルソン島中南部にあるフィリピン最大の湖。ラグナ・デ・バイともいう。面積891平方キロメートル。湖の中にタリム島があり、北岸からは二つの半島が突き出ている。かつてはマニラ湾の入り江の一部であったが、火山砕屑物(さいせつぶつ)の堆積(たいせき)と土地の隆起により海との連絡を断たれたもので、一般に水深は浅く、最大でも7.3メートルにすぎない。湖面は海水面とほぼ同高度で、北西部からパシグ川が排水口としてマニラ湾に注ぐ。水産物は豊富で、ライギョ、マス、ハゼなどの漁獲が多い。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイ湖の関連キーワードフィリピンフィリピン海溝マニラルソン島比律賓フィリピン諸島フィリピン鷲大マニラナヨンピリピーノバイ[湖]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone