パスタ剤(読み)パスタざい(英語表記)paste

翻訳|paste

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パスタ剤
パスタざい
paste

泥膏 (でいこう) 剤ともいう。多量の粉末薬品を軟膏状にした外用剤。粉末薬品としては亜鉛華サリチル酸デンプン昇華硫黄炭酸カルシウムタルクなどがあり,基剤としては豚脂ワセリンラノリンなどを使う。皮膚に付着し,成分を浸透させ,また分泌物を吸収する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

パスタ剤【パスタざい】

膏薬の一種。医薬品の粉末を比較的多量に含む軟膏様の外用剤で,泥膏ともいう。基剤は脂肪,ワセリン,パラフィングリセリン,水など。皮膚に適用すれば乾燥,鎮痛,かゆみ止めなどの作用がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

パスタざい【パスタ剤】

医薬品の粉末を比較的多量に含む軟膏剤。泥膏。泥剤。パスタ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パスタ剤
ぱすたざい

医薬品の粉末を多量に含む軟膏(なんこう)様の外用剤で、泥膏(でいこう)ともいわれる。日本薬局方では軟膏剤に含めている。すなわち、軟膏剤のうちで固形成分のとくに多いものをパスタ剤と称している。歯科用の亜ヒ酸パスタ、歯科用パラホルムパスタ、歯科用トリオジンクパスタがあり、皮膚疾患用にはウィルソンパスタ、ラッサールパスタ、タールパスタなどがかつてはよく用いられたが、現在はあまり使用されていない。ウィルソンパスタは安息香豚脂に20%の割合で酸化亜鉛を配合したもの、ラッサールパスタはサリチル酸亜鉛華パスタともいわれたものである。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

パスタ‐ざい【パスタ剤】

〘名〙 (パスタはPasta) 多量の粉末薬を含む油性の軟膏剤。パスタ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android