コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パテール パテール Pater, Jean-Baptiste

3件 の用語解説(パテールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パテール
パテール
Pater, Jean-Baptiste

[生]1695.12.29. バランシエンヌ
[没]1736.7.25. パリ
フランスの画家。装飾美術家を父とし,パリに出て 1713年,同郷の先輩 J.A.ワトー門に入る。 28年アカデミー会員。ワトーのもとには長くいなかったが,彼の「フェート・ガラント (雅宴画) 」の最もよき追随者の一人としてロココ風の夢想,小市民の田園でのつどい,水浴の女などを描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パテール【Sardār Vallabhbhāī Thaverbhāī Paṭel】

1875‐1950
インドの政治家で,〈インドのビスマルク〉と称される。ガンディーと同じグジャラート出身で,1918年以降その右腕として活動。28年のバールドーリー闘争で政府の地租引上げを撤廃させて有名となり,〈サルダール(指導者)〉の称で呼ばれる。31年の国民会議派カラチ大会議長。ネルーに比べて保守的側面が強いが,ガンディーを通じてインド民族資本と強いつながりを持ち,また中央と地方を結ぶ国民会議派の組織体系の確立に果たした彼の役割は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パテール【Sardār Vallabhāī Patēl】

1875~1950) インドの政治家。ガンジーとともに民族運動を指導、国民会議派保守派の代表。47年独立後ネール内閣に入閣、藩王国統合の実現に尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パテールの関連キーワードマインド・シェアインド綿プラサドマルチウインドーインド更紗東インドビスマルク諸島インドの青鬼インドの舞姫星銃士ビスマルク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パテールの関連情報