コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パドバ派 パドバは Scuola Padovana

2件 の用語解説(パドバ派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パドバ派
パドバは
Scuola Padovana

北イタリアのパドバを中心に主として 15世紀に栄えた画派。 14世紀初頭のジョットの来訪以来,15世紀初頭にかけての国際ゴシック様式の流行,さらにドナテロウッチェロをはじめとするフィレンツェ派の画家たちの来訪によって,この地の絵画はルネサンス風に転じ,スクァルチョーネの工房を中心にパドバ派が形成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パドバ派
ぱどばは
scuola padovana

北イタリアの都市パドバを中心に栄えた美術の流派。とくに15世紀中葉から末にかけての絵画をさすことが多い。同地は中世からすでに北イタリアの文化的中心地であり、14世紀初頭にジョットが来訪し、またグァリエントGuariento(生没年不詳)やアルティキエロAltichiero(1330ころ―95ころ)などが活躍していた。15世紀前半にドナテッロやウッチェロなどフィレンツェ美術家の来訪が刺激となって、新しいルネサンス風の様式が形成された。この派の創始者スクァルチオーネFrancesco Squarcione(1397―1468)の工房からは、マンテーニャスキアボーネSchiavoneマルコゾッポMarco Zoppo、ニッコロ・ピッツォロNiccol Pizzolo、ボーノ・ダ・フェッラーラBono da Ferrara、アンスイノ・ダ・フォリAnsuino da Foolなどが輩出する。
 この画派の特色は、鋭い彫刻的な線、古代趣味のモチーフ、短縮法や遠近法の誇張などであり、近隣のベネチア、フェッラーラ、ロンバルディア地方などにも大きな影響を与えたが、16世紀にベネチア派が隆盛するとともに衰退した。[篠塚二三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パドバ派の関連キーワードゴルドーニパドバ大学イタリアンイタリアンカジュアルCISLリグリアパドヴァ・ヴェネト管弦楽団アントニウス[パドバの]エッツェリーノ・ダ・ロマーノエンジェルデビル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone