コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パピエ・マシェ papier mâché[フランス]

1件 の用語解説(パピエ・マシェの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パピエ・マシェ【papier mâché[フランス]】

パルプ(紙パルプ)にチョーク(白亜),接着剤,砂などを混合した,流動状の素材をいう。これを鋳型に流し込み,加熱して固形化する。主として家具や調度の部材用に使われ,表面をなめらかに磨き,漆や塗装を施す。さらに装飾効果を高めるために,青貝などの象嵌や蒔絵などを施すこともある。このような素材は元来東洋起源のものであるが,西洋では17世紀にはじめてフランスに現れ,イギリスには17世紀後期に導入された。その後,1772年にバーミンガムヘンリークレーは数枚の特殊な紙に接着剤を加えて加熱し,自由な形に成型したパネルを考案し,その特許を取得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パピエ・マシェの関連キーワード亜硫酸パルプ化学パルプ砕木パルプソーダパルプパルプウッドパルプ木材パルプバージンパルプ旭洋紙パルプ伊藤忠紙パルプ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone