コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パミラ パミラ Pamela, or Virtue Rewarded

3件 の用語解説(パミラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パミラ
パミラ
Pamela, or Virtue Rewarded

イギリスの小説家 S.リチャードソン書簡体小説。 1740年刊。女中奉公に上がったパミラが曲折を経て主人と結婚するまでを,父親,友人らとの手紙のやりとりのうちに描く。副題に「徳高きものは報われる」とあるとおり,説教調が露骨な作品であるが,当時社会的に進出してきた市民階級モラルリアリズムの手法で描き,それまでの非現実的な恋愛や冒険を描くロマンス類とはまったく違った世界を表現して圧倒的な人気を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パミラ【Pamela】

イギリスの小説家S.リチャードソンの同名の書簡体小説(1740)の女主人公。主人の息子Bは女中パミラPamela Andrewsを情欲の対象とし,手練手管を弄して誘惑するが,パミラの操は固く,また賢く振るまい,ついにBは彼女を正式な妻とする。作者はこの結末をパミラの〈美徳の報いVirtue Rewarded〉(この小説の別題)であるとしたが,出版後,偽善的・打算的であるとの反発も招き,H.フィールディングパロディとして《シャミラ》(1741)を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パミラ
ぱみら
Pamela, or Virtue Rewarded

イギリスの小説家サムエル・リチャードソンの書簡体小説。1740年刊。副題「美徳の報酬」が示すように、美しい小間使いパミラが、その信仰と貞操を守る強い意志によって若主人の誘惑をはねつけ、ついに彼を改心させて地主夫人となるという話。彼女が父親に書く手紙や、閉じ込められたときの日記という形式で物語が進行する。飾り気のない文体で細かな描写が生きているが、貞操をなるべく高く売りつけよという道徳を説くものとして、当時かなり激しく批判された。[岡 照雄]
『海老池俊治訳『パミラ』(『世界文学大系76』1966・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパミラの言及

【フィールディング】より

…そのため37年劇場検閲令が制定されるや劇界を退き,法学院に2年半学んで司法官の資格を得る。 彼にとってさらに大きな転機となったのはS.リチャードソンの小説《パミラ》(1740)の出版である。この小説を偽善的として強い反発を感じた彼は,まずそのパロディとして《シャミラ》(1741)を発表,翌年小説《ジョゼフ・アンドルーズ》を出版して好評を博した。…

【リチャードソン】より

…1734年に道徳的教訓書《徒弟奉公人必携》を著し,さらに《イソップ寓話集》に解説を加えたり,《模範書簡集》を企てたりした。40年その《模範書簡集》執筆中に一つの小説を思いつき,書簡体小説《パミラ》2巻(1740)を出版した。女中パミラの手紙を通じて,日常生活や心理を写実的に描き,美徳というモラルをたたえたこの小説によって,近代小説が誕生したともいわれるが,当時は熱狂的な支持とともに強烈な反対が示された。…

※「パミラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パミラの関連キーワードハドソンリチャードソン効果黄金のランデヴー落ちた偶像ホテル・ニューハンプシャーリチャード三世リチャードソン‐ダッシュマンの式リチャードソンの拡散法則《巡礼》(リチャードソン)リチャードソン,H.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パミラの関連情報