コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラゴムノキ パラゴムノキ Hevea brasiliensis; Para rubber tree

4件 の用語解説(パラゴムノキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラゴムノキ
パラゴムノキ
Hevea brasiliensis; Para rubber tree

トウダイグサ科の熱帯高木で,南アメリカアマゾン流域の原産であるが,現在では東南アジアで栽培されている。高さ 30mぐらいになり,幹周 2m以上に達する。葉は互生し,3出複葉で小葉は長さ 10cm前後の楕円形である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パラゴムノキ

ブラジル原産のトウダイグサ科の落葉高木。高さ20〜30mに達する。葉は3小葉からなる複葉で花は雌雄同株。樹皮は平滑で傷つけるとラテックス呼ばれる乳汁を出す。最も重要な天然ゴム原料で,現在では原産地よりも,インドネシアマレーシアの栽培が圧倒的に多い。
→関連項目インドゴムノキゴムゴムノキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パラゴムノキ【Para rubber tree】

ブラジル原産のトウダイグサ科の高木。樹液から天然ゴムをとる目的で,熱帯雨林地帯で大規模なプランテーション栽培が行われる。樹は高さ17~20m,直径60cm,栽培品は高さ25~35mに達する。葉は細長い葉柄と,先のとがった長楕円形の3小葉からなる複葉である。花は単性花を同一株に円錐花序をなしてつける。花弁はなく,緑色で白毛がある。3個の種子を含む果実は球形で3条の溝があって,熟すと裂開する。種子の寿命は短い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パラゴムノキ
ぱらごむのき
[学]Hevea brasiliensis Muell.-Arg.

トウダイグサ科の高木で高さ30メートルに達する。原産はアマゾン地域。複葉は3小葉で、長い柄をもつ。小葉は長楕円(ちょうだえん)形から楕円状披針(ひしん)形で、先端はとがり、長さ10~30センチメートル、幅5~12センチメートル。長さ25センチメートルほどの円錐(えんすい)花序を腋生(えきせい)し、下部に雄花、上部に雌花をつける。両花ともに花弁を欠き、萼(がく)は緑色で5、6裂する。果実は1花序に普通は1個実り、(さくか)は3室にくびれ、熟すと裂開する。種子は各室に1個ずつ含まれ、長楕円形で斑紋(はんもん)があり、長さ2.5~3センチメートル、ゴムは定植後6年以上たった木の幹を傷つけて得る乳液から生産する。幹の節部には乳管があり、先の曲がった小刀を使って、形成層を傷つけない程度に、毎朝または1日置きに傷をつけ、流れ落ちる白い乳液を容器に集め、工場に運ぶ。パラゴムノキは高温多湿で腐植質に富む深い土壌を好む。10年生で1ヘクタール当り400~620キログラムのゴムがとれる。[湯浅浩史]

文化史

パラゴムの名はアマゾン河口のパラ(現ベレン)の港から輸出されたことにちなむ。先史時代からインディオたちは容器の防水や遊戯用のボールなどに利用していた。ヨーロッパでは防水用に使われていたが、1770年にはイギリスのプリーストリーJ. Priestleyが消しゴムとしての利用をみいだした。応用範囲が広がったのは、1839年にアメリカのグッドイヤーC. Goodyearが硫黄(いおう)を加えた硬化法を発見したことによる。このためゴムの値段は上昇し、パラゴムノキの自生地のブラジルでは、政府が、独占のため、苗の移動や種子の輸出を禁止した。イギリスのヘンリー・ウィッカムHenry A. Wickhamは1875年、アマゾン流域で集めた7万粒の種子をブラジル税関に偽って運び出した。翌年キュー王立植物園で育てられた苗が1919本セイロン(スリランカ)に送られ、栽培ゴムの時代が幕を開けた。そのときの原木の1本は現在も同地のコロンボ植物園に残る。1877年にはシンガポールにも苗木が運ばれ、東南アジアはパラゴムノキの大生産地に発展し、ブラジルの天然ゴム産業は1910年代に急速に衰えた。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパラゴムノキの言及

【ゴム】より

…ラテックスを分泌する植物は数が多く,220種以上もあるとされ,産地はおもに赤道をはさみ緯度20゜以内の高温多湿な地域である。今日工業用ゴム原料を目的として栽培されているのはパラゴムノキで,マレーシア,インドネシア,タイ,スリランカ,インドなどが主生産地である。苗を植え付けてからラテックスを採るまでには5~7年を要し,以後の20~30年間は経済的にラテックスを採ることができる。…

【トウダイグサ】より

… この科は生活形が多様化し,乳管を有する群,種々のアルカロイドを含有するものなどもあり,人間にも多様に利用されている重要な植物群である。乳液からはゴムがとれ,南アメリカ原産のパラゴムノキは熱帯で広く栽培され,ゴム源として最も重要なものである。また,マニホットゴムノキからはシーラゴムがとれる。…

※「パラゴムノキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パラゴムノキの関連キーワードゴムノキナツトウダイマニホットゴムノキ油桐巴豆ククイ高灯台灯台草ショウジョウソウハナキリン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パラゴムノキの関連情報