コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラミツ(波羅蜜) パラミツArtocarpus heterophyllus; jackfruit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラミツ(波羅蜜)
パラミツ
Artocarpus heterophyllus; jackfruit

クワ科の常緑高木。インド,マレー原産で,同属のパンノキの近似種。高さ9~15mで,葉は鋸歯のない長楕円形,先端がとがる。雌雄異株。幹を傷つけると乳液が出る。雌花穂は幹に直接生じる幹生花。果実は長さ 30~80cmあり,果皮一面に粒状の突起があり,熟すると黒褐色となる。パンノキと同様に若い果実は生食あるいは塩漬などにしたり,乾燥して保存する。種子はデンプン質で食用とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

パラミツ(波羅蜜)【パラミツ】

パンノキに近縁クワ科の常緑高木。南アジア原産。英名ジャックフルーツ。果実は幹に直接生ずる淡黄色の幹生果で,長さ30〜60cm,径20cm内外の長楕円体,表面は疣(いぼ)状突起でおおわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パラミツ【パラミツ(波羅蜜) jackfruit】

クワ科パンノキ属の常緑樹で,15m以上の高木も珍しくない。葉は長卵形で濃緑色,花は集合花で,幹や太い枝から出る短い枝につく。果実は大型で40kgに達する例もある。各小花に種子があり,可食部は種子をとりまく花被が多肉になった部分で,成熟すると果面は黄褐色となる。果肉は黄色となり甘く,パイナップルに似るが,むっとする臭気を伴う強烈な芳香がある。南インドが原産地で,全世界の熱帯域に広く栽培される。アラビア人の航海によりアフリカに広まり,東南アジアでは仏教寺院に多く植えられており,和名はサンスクリット音訳

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android