コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラミツ

栄養・生化学辞典の解説

パラミツ

 [Artocarpus heterophylla].ジャックフルーツともいう.イラクサ目クワ科パンノキ属に属する果実を生かフライにするなど調理して食べる.種子も煎って食べる.若い花も食べる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パラミツ
ぱらみつ / 波羅蜜
jack fruit
[学]Artocarpus heterophyllus Lam.

クワ科の常緑高木。別名ナンカnangka。インド原産の果樹で、英名のジャックフルーツの名で知られる。高さ25メートル。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ15センチメートル、革質で表面は光沢がある。雌雄異花で総状花序につく。雄花序は枝の先端または葉腋(ようえき)に、雌花序は樹幹または大枝に直接つき、径1.5~2.5センチメートルの円筒状の花托(かたく)をもつ。果実は偽果で円筒状、長さ25~60センチメートル、径15~20センチメートル。重さは7~9キログラムであるが25キログラムを超えるものもある。黄緑色に熟し、表面は無数の柔らかい突起がある。周年開花し、8か月で熟す。
 香りが強く、種子を取り巻くパルプ質の果肉と肥厚した花托部は甘い。生食のほか糖菓、飲料、シチュー、塩漬け、乾果など用途は広い。幼果は蔬菜(そさい)とする。種子は楕円形で径1.9センチメートル、デンプンに富み、そのまま煮るか焼いて食べ、またシロップ煮にもする。葉は羊の好飼料となり、材は黄色で、使用中にマホガニー同様の色となり、建築や家具に用いる。繁殖は実生(みしょう)、芽接(めつぎ)、高い枝からの取木などによる。実生後5年で開花する。熱帯では広く栽培でき、土の深い所でよく育つ。本種によく似ており全体がより小さいチンペダックcenpedakはコパラミツA. jntegen (Thunb.) Merr.の地方名。マレーシア原産で、前者より果実がやや細長く、香りが強く、甘い。多雨地でよく育ち、ジャワに多い。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パラミツの関連キーワードカーヌンナンカー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android