コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンタレオーニ Pantaleoni, Maffeo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンタレオーニ
Pantaleoni, Maffeo

[生]1857.7.2. ローマ近郊フラスカティ
[没]1924.10.29. ミラノ
ローザンヌ学派に属するイタリアの経済学者,政治家。ローマ大学卒業後,ベネチア,パリ,ナポリなどの大学を経て 1902年から母校の教授。その間 1900年に下院議員に選ばれ,一時退いたが,第1次世界大戦後政界に復帰,イタリアのファシスト運動を助け,ファシストによる最初の上院議員の一人となる。経済学者としては国民所得計算や租税問題から出発し,主著『純粋経済学原理』 Principi di economia pura (1889) で限界効用理論に立脚し,一般均衡理論に近い形で統一的な経済原理の説明を与え,ワルラス理論のイタリアへの普及に貢献。景気循環論の分野でも論文を発表し,現代の動学理論の先駆者の一人といえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パンタレオーニ【Maffeo Pantaleoni】

1857‐1924
イタリアの経済学者,時事評論家,教育者L.ワルラスの経済学を最も早い時期に理解し,限界効用理論に基づく経済学をイタリアおよびラテン諸国に広めた。 イタリア人を父としイギリス人を母としてローマに近いフラスカーティに生まれ,ローマ大学で法律を学ぶ。その後,経済学と財政金融問題に関心を抱き,《租税転嫁の理論――転嫁の定義,動学,遍在》(1882)によって教授資格を取得,いくつかの大学や高等商業学校で教鞭をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パンタレオーニの関連キーワードアントーニオ マンチーニバローネパレート利益説

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android