コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒエロン1世 ヒエロンいっせいHierōn I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒエロン1世
ヒエロンいっせい
Hierōn I

[生]?
[没]前467. カタナ
古代シチリア,シラクサ (シラクーザ ) の僭主 (在位前 478~467) 。兄ゲロンシラクサの僭主となったとき,ゲラの支配者に任じられ,前 478年シラクサを継承した。イタリアへの進出を試み,クマエエトルリアを破り (前 474) ,カンパニアギリシア人を救った。カタニアに新しい住民を移住させ,この町をエトナと改名して再建し,シチリアでの覇権の強化をはかった。その支配は専制的であったが,文芸を保護し,アイスキュロス,ピンダロス,バキュリデスらを宮廷で歓待した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒエロン1世の関連キーワードドゥケチウスアナクシラスシモニデスカタネ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android