コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオウギガイ ヒオウギガイChlamys nobilis; noble scallop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒオウギガイ
Chlamys nobilis; noble scallop

軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科。殻長 12cm,殻高 13cm,殻幅 3.5cm。殻は扇形,殻頂の両側は耳状になっている。殻表には 24本内外の放射肋があり,その上に鱗状突起が並ぶ。殻色は黄,橙,赤,紫,褐色などで,それらが混ってまだらとなることもある。房総半島能登半島から南は九州までと中国沿岸の潮間帯下水深 20mの岩礁にすむ。食用。殻は観賞用に使われる。近年,稚貝を集めて養殖もされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒオウギガイ

イタヤガイ科の二枚貝。高さ12cm,長さ12.5cm,幅3cm。開いた扇形で放射肋の上に鱗状の突起がある。色は褐色が多いが,朱,紫,黄白色のものもある。房総半島以南の西太平洋に分布し,潮間帯下〜水深20mの岩礁に足糸で付着する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒオウギガイ
ひおうぎがい / 檜扇貝
noble scallop
[学]Chlamys nobilis

軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科の二枚貝。房総半島以南、九州、中国沿岸に分布し、潮間帯の岩礁に足糸で付着している。殻長12.5センチメートル、殻高13センチメートル、殻幅3.5センチメートルに達し、形は扇形で、殻頂の前後に耳状突起をもち、殻表には24本内外の放射肋(ろく)をもつ。その上に規則正しい鱗片(りんぺん)状突起が密に並んでいる。多くの個体は暗紫赤色であるが、ときには黄、橙(だいだい)、紫色などの美しい個体もみられ、観賞用にされる。貝柱(閉殻筋)を含む肉は美味なので、西南日本の各地では養殖されている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒオウギガイの関連情報