コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオウギガイ ヒオウギガイ Chlamys nobilis; noble scallop

3件 の用語解説(ヒオウギガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒオウギガイ
ヒオウギガイ
Chlamys nobilis; noble scallop

軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科。殻長 12cm,殻高 13cm,殻幅 3.5cm。殻は扇形,殻頂の両側は耳状になっている。殻表には 24本内外の放射肋があり,その上に鱗状突起が並ぶ。殻色は黄,橙,赤,紫,褐色などで,それらが混ってまだらとなることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒオウギガイ

イタヤガイ科の二枚貝。高さ12cm,長さ12.5cm,幅3cm。開いた扇形で放射肋の上に鱗状の突起がある。色は褐色が多いが,朱,紫,黄白色のものもある。房総半島以南の西太平洋に分布し,潮間帯下〜水深20mの岩礁に足糸で付着する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒオウギガイ
ひおうぎがい / 檜扇貝
noble scallop
[学]Chlamys nobilis

軟体動物門二枚貝綱イタヤガイ科の二枚貝。房総半島以南、九州、中国沿岸に分布し、潮間帯の岩礁に足糸で付着している。殻長12.5センチメートル、殻高13センチメートル、殻幅3.5センチメートルに達し、形は扇形で、殻頂の前後に耳状突起をもち、殻表には24本内外の放射肋(ろく)をもつ。その上に規則正しい鱗片(りんぺん)状突起が密に並んでいる。多くの個体は暗紫赤色であるが、ときには黄、橙(だいだい)、紫色などの美しい個体もみられ、観賞用にされる。貝柱(閉殻筋)を含む肉は美味なので、西南日本の各地では養殖されている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒオウギガイの関連キーワードイガイイタヤガイ二枚貝類板屋貝錦貝二枚貝東錦貝苫屋貝軟体類二枚貝綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒオウギガイの関連情報