コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオドシチョウ Nymphalis xanthomelas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒオドシチョウ
Nymphalis xanthomelas

鱗翅目タテハチョウ科。前翅長 37mm内外。翅の外縁は著しい凹凸状。翅表は橙赤色,外縁は暗褐色でその内側は黒色帯となり,後翅ではその中に青灰色の波状帯がある。前翅には数個,後翅には1個の黒色斑がある。裏面黒褐色であるが,外半は黄褐色で細かい波状帯から成り,樹皮状である。成虫は5~6月に出現し,まもなく休眠し,そのまま夏から冬を過し,翌春産卵する。幼虫食草ヤナギエノキハルニレなど。北海道,本州,四国,九州,アジアからヨーロッパ東部に分布する。日本産は亜種 N. x. japonicaという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒオドシチョウ

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科の1種。日本全土,朝鮮,中国〜東ヨーロッパに分布。開張70mm内外,褐赤色で黒紋がある。裏面には細かい波状模様があり樹皮に似る。幼虫はエノキ,ニレ,ヤナギなどの葉を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒオドシチョウ【Nymphalis xanthomelas】

鱗翅目タテハチョウ科の昆虫。中型のチョウで,開張は6cm内外。雄より雌,寒冷地・山地産より暖地・平地産が大型となる傾向があるが雌雄の差はあまり大きくない。翅の表面は緋色に黒い斑紋があり,昔の緋縅(ひおどし)の鎧を連想させるところからこの名がついた。タテハチョウ(蛺蝶)は元来本種を指すという説が有力である。東ヨーロッパから日本まで広く分布し,国内では九州南部が南限となる。年1回,6~7月ころに羽化した成虫は短期間,樹液などを吸った後休眠に入り,翌春,サクラの開花期の少し前に越冬からさめて活動する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒオドシチョウ
ひおどしちょう / 緋縅蝶
large tortoiseshell
[学]Nymphalis xanthomelas

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。日本では北海道、本州、四国、九州に分布し、以前は普通種であったが、近年は全国的に少なくなった。屋久島(やくしま)および種子島(たねがしま)以南の南西諸島には分布しない。国外では朝鮮半島、中国からヨーロッパの南東部にかけて分布する。はねの開張は70ミリ内外。はねの表は橙赤(とうせき)色で黒色の斑点(はんてん)があり、和名のヒオドシチョウはこの表面の色彩からきている。はねの裏面は表面とまったく異なり黒褐色で枯れ葉状。年1回の発生、暖地では5月下旬から6月上旬に、寒冷地では7月に発生し、羽化後しばらくは活動するが、まもなく休眠に入り、そのまま成虫の状態で越冬する。幼虫の食草はニレ科のエノキ、エゾエノキおよび各種のヤナギ類(ヤナギ科)、ときにハルニレ、アキニレ、ケヤキにもつく。卵は、春に越冬より覚めた母チョウによって食草の新芽に卵塊として産み付けられ、幼虫は群生して、食樹を丸坊主にすることが多い。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヒオドシチョウの言及

【タテハチョウ】より

…鱗翅目タテハチョウ科Nymphalidaeの昆虫の総称。漢字で蛺蝶と書くが,これは元来ヒオドシチョウを指すものといわれている。チョウ類中最大の群で,全世界に三千数百種を産し,各大陸において繁栄している。…

※「ヒオドシチョウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒオドシチョウの関連キーワードタテハモドキエルタテハルリタテハ白水

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒオドシチョウの関連情報