コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒカゲチョウ Lethe sicelis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒカゲチョウ
Lethe sicelis

鱗翅目ジャノメチョウ科。前翅長 30mm内外。翅表は暗灰褐色,裏面は黄褐色。後翅裏面には6個の眼状紋があり,その内側に汚白色帯がある。前翅裏面には先端近くに1個の眼状紋があり,中央に斜白色帯があり,さらに内側の中室内に暗条が1本ある。雌は雄より翅の丸みが強く,前翅裏面の斜白色帯がより明瞭である。また雄は後翅表中室基部と末端部に暗色の長毛束をもち,これが性標となっている。幼虫はタケ,ササ類の葉を食べ,成虫は年2回出現する。本州四国,九州に分布する。近縁クロヒカゲ L. dianaは本種によく似るためしばしば混同されることがあるが,翅の地色がはるかに黒色みが強く,前翅裏面中室内の暗条が2本あることなどで区別される。北海道,本州,四国,九州に産し,サハリン,朝鮮,中国,台湾に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒカゲチョウ

鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科の1種。タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科とすることもある。北海道を除く日本の特産種。開張55mm内外,暗黄褐色,後翅裏面に6個の眼状紋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒカゲチョウ
ひかげちょう / 日隠蝶
[学]Lethe sicelis

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。ナミヒカゲともいう。現在の知見では本州、四国、九州のみに分布する日本の特産種。東京付近(関東平地)や京阪神地方の平地から低山地には普通であるが(これら地域ではクロヒカゲは産しないか、あるいは少ない)、全国的にみればクロヒカゲよりその分布域は狭い。はねの開張50~60ミリ程度。はねの表は茶褐色、後ろばねの亜外縁に裏面の眼状紋が透視されるほか、目だつ斑紋(はんもん)はないが、裏面では亜外縁の眼状紋や条紋が目だつ。年2回の発生、第一化は5、6月から、第二化は8月から発生する。幼虫の食草は各種のササ・タケの類(イネ科植物)である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒカゲチョウの関連キーワードジャノメチョウ(蛇の目蝶)白水

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android