コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒス His, Sir Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒス
His, Sir Wilhelm

[生]1831.7.9. バーゼル
[没]1904.5.1. ライプチヒ
スイス系のドイツの解剖学者,発生学者。 J.ミュラー,R.ウィルヒョーなどに師事し,バーゼル大学教授 (1857) 。 1872年にライプチヒ大学に招かれ,解剖学研究所を創立。人体発生学を創始し,リンパ系組織学,胎児の発生学に業績がある。顕微鏡用に標本を薄切するためのミクロトーム考案者。妊娠期間を算出するヒス法則もその創案。

ヒス
His, Wilhelm Jr.

[生]1863
[没]1934
ドイツの解剖学者,心臓学者。 W.ヒスの子。バーゼル大学,ゲッティンゲン大学教授 (1907~32) 。 1893年,心臓の刺激伝導系ヒス束 (→房室束 ) を発見。 1907~26年,ベルリン大学教授。

ヒス
Hiss, Alger

[生]1904.11.11. ボルティモア
[没]1996.11.15. ニューヨーク
アメリカの元国務省高官。ハーバード大学法学部卒業。 1936年国務省に入り,F.ルーズベルトの顧問としてヤルタ会談に出席。 45年サンフランシスコ国連創設会議臨時事務総長,46年ロンドンの第1回国連総会でアメリカ代表団首席顧問,46~49年カーネギー世界平和財団総裁。 48年夏,アメリカ下院非米活動委員会は,元共産党員 W.チェーンバーズ (当時『タイム』誌編集主任) から,「37,38年にヒスから国務省の秘密文書を手渡された」との証言を引出した。ヒスはこれを否定したが,結局偽証罪に問われ,50年1月禁錮5年の判決を言い渡され,服役。 54年刑期満了前に釈放されたが,ヒスは終始無罪を訴え続け,92年無罪が確認された。この事件を契機として J.マッカーシー上院議員は「国務省に浸透している共産主義者」の摘発に拍車をかけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒス(hiss)

物の擦れ合うような音。録音テープを回したときなどに発生する雑音。「ヒスノイズ」

ヒス

ヒステリー」の。「ヒスを起こす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヒス

スイスの解剖学者,発生学者。ベルリンその他で医学を修め,のちにライプチヒ大学教授。ヒトの胎児の発生などを精密に研究して,発生機構学の基礎をつくった。また子のヒスWilhelm His〔1863-1934〕は医学者,生理学者としてバーゼル,ベルリン両大学その他の教授を歴任。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ヒス

ヒステリーの略。 「 -をおこす」

ヒス【Wilhelm His】

1831~1904) スイスの解剖学者。組織発生学の分野の先駆者。マイクロトームを考案。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ヒス

生年月日:1863年12月29日
ドイツの解剖学者
1934年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ヒスの関連キーワード金羊毛皮(グリルパルツァーの戯曲)ヒス(Alger Hiss)ディステギル・サール[山]アレクサンダー レッシュパトリック ライトナーポートアーサー監獄跡カール ブレッシングウィルヘルム ヒスノイズリダクションヒステロジェニアスプロテロジェニックヒストリックカーチャ スンウォンヒストプラズマ症ヒスティアイオスあさひ7オユキマイクロトーム心臓刺激伝導系ドナウウェルトアリスタゴラス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒスの関連情報