コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒス ヒス His, Sir Wilhelm

8件 の用語解説(ヒスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒス
ヒス
His, Sir Wilhelm

[生]1831.7.9. バーゼル
[没]1904.5.1. ライプチヒ
スイス系のドイツの解剖学者,発生学者。 J.ミュラー,R.ウィルヒョーなどに師事し,バーゼル大学教授 (1857) 。 1872年にライプチヒ大学に招かれ,解剖学研究所を創立。人体発生学を創始し,リンパ系組織学,胎児の発生学に業績がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヒス
ヒス
His, Wilhelm Jr.

[生]1863
[没]1934
ドイツの解剖学者,心臓学者。 W.ヒスの子。バーゼル大学,ゲッティンゲン大学教授 (1907~32) 。 1893年,心臓の刺激伝導系のヒス束 (→房室束 ) を発見。 1907~26年,ベルリン大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヒス
ヒス
Hiss, Alger

[生]1904.11.11. ボルティモア
[没]1996.11.15. ニューヨーク
アメリカの元国務省高官。ハーバード大学法学部卒業。 1936年国務省に入り,F.ルーズベルトの顧問としてヤルタ会談に出席。 45年サンフランシスコ国連創設会議臨時事務総長,46年ロンドンの第1回国連総会でアメリカ代表団首席顧問,46~49年カーネギー世界平和財団総裁。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヒス(hiss)

物の擦れ合うような音。録音テープを回したときなどに発生する雑音。「ヒスノイズ」

ヒス

ヒステリー」の略。「ヒスを起こす」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒス

スイスの解剖学者,発生学者。ベルリンその他で医学を修め,のちにライプチヒ大学教授。ヒトの胎児の発生などを精密に研究して,発生機構学の基礎をつくった。また子のヒスWilhelm His〔1863-1934〕は医学者,生理学者としてバーゼル,ベルリン両大学その他の教授を歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ヒス

ヒステリーの略。 「 -をおこす」

ヒス【Wilhelm His】

1831~1904) スイスの解剖学者。組織発生学の分野の先駆者。マイクロトームを考案。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒスの関連キーワードボルティモアエティモロジーボールティモアビューティーボルテージボルティモア交響楽団ボルティー・タイプCボルティー・タイプTメンズ ソフティモボルティモアの国立水族館ボルティモア・クリッパー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒスの関連情報