コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒドリガモ Anas penelope; Eurasian wigeon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒドリガモ
Anas penelope; Eurasian wigeon

カモ目カモ科。全長 45~52cm。雄は頭頸部が赤褐色,頭上は黄白色,胸はぶどう色を帯び,背は白と黒の細かい虫くい模様である。腹は白い。雌は白い腹以外が全体に茶褐色。ユーラシア大陸の北部で繁殖する。日本には冬鳥(→渡り鳥)として渡来し,全国各地の湖沼,内湾などにすみ,おもに植物質の餌を食べる。「びゅーん,びゅーん」とよく鳴く。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒドリガモ

カモ科の鳥。翼長26cm。雄は頭部から胸が赤褐色で,背は灰色。腹は白。雌は全体に褐色。ユーラシアの亜寒帯で繁殖し,ユーラシアの温帯から熱帯,アフリカ北部で越冬する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒドリガモ
ひどりがも / 緋鳥鴨
wigeon
[学]Anas penelope

鳥綱カモ目カモ科の鳥。旧北区北部に広く繁殖し、温帯から亜熱帯、さらにインド、スリランカにまで越冬する。淡水ガモ類に属するが、海藻を好んで江湾に群れ、養殖ノリや岸への打ち上げ物も食べる。しかし淡水湖沼にも普通に渡来する。全長45~53センチメートル。中形のカモで、嘴(くちばし)は短く三角形で青色、先が黒い。額が高い頭の形が特徴で、雄は額が黄白色、頭部は赤栗(あかぐり)色、胸はブドウ色、体には白黒の細斑(さいはん)があり、尾部は黒色、翼の雨覆部が白色。雌は全般に褐色をしている。雄の声は、ピョーという高い笛のような一声である。近縁種として、北アメリカのアメリカヒドリ、南アメリカのワキアカヒドリの計3種がある。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒドリガモの関連キーワードイシュケウル国立公園アメリカヒドリ黒田長久ヨシガモ赤頭

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒドリガモの関連情報