コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒドリガモ Anas penelope; Eurasian wigeon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒドリガモ
Anas penelope; Eurasian wigeon

カモ目カモ科。全長 45~52cm。雄は頭頸部が赤褐色,頭上は黄白色,胸はぶどう色を帯び,背は白と黒の細かい虫くい模様である。腹は白い。雌は白い腹以外が全体に茶褐色。ユーラシア大陸の北部で繁殖する。日本には冬鳥(→渡り鳥)として渡来し,全国各地の湖沼,内湾などにすみ,おもに植物質の餌を食べる。「びゅーん,びゅーん」とよく鳴く。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒドリガモ

カモ科の鳥。翼長26cm。雄は頭部から胸が赤褐色で,背は灰色。腹は白。雌は全体に褐色。ユーラシアの亜寒帯で繁殖し,ユーラシアの温帯から熱帯,アフリカ北部で越冬する。日本へは冬鳥として海岸,湖沼,河川などに渡来し,おもに草の葉や水藻などの植物質を食べるほか,水生昆虫や軟体動物を食べる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒドリガモ
ひどりがも / 緋鳥鴨
wigeon
[学]Anas penelope

鳥綱カモ目カモ科の鳥。旧北区北部に広く繁殖し、温帯から亜熱帯、さらにインド、スリランカにまで越冬する。淡水ガモ類に属するが、海藻を好んで江湾に群れ、養殖ノリや岸への打ち上げ物も食べる。しかし淡水湖沼にも普通に渡来する。全長45~53センチメートル。中形のカモで、嘴(くちばし)は短く三角形で青色、先が黒い。額が高い頭の形が特徴で、雄は額が黄白色、頭部は赤栗(あかぐり)色、胸はブドウ色、体には白黒の細斑(さいはん)があり、尾部は黒色、翼の雨覆部が白色。雌は全般に褐色をしている。雄の声は、ピョーという高い笛のような一声である。近縁種として、北アメリカのアメリカヒドリ、南アメリカのワキアカヒドリの計3種がある。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒドリガモの関連キーワード東山動植物園の鳥インフルエンザイシュケウル国立公園アメリカヒドリヨシガモ黒田長久赤頭

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒドリガモの関連情報