コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメクグ Cyperus brevifolius var.leiolepis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメクグ
Cyperus brevifolius var.leiolepis

カヤツリグサ科の多年草。日本,中国,朝鮮半島などに分布し,普通,平地の日当りのよい湿地や畑地に生える。地下茎は長く地をはい,節から茎や根を出す。茎は直立し高さ5~20cmになり,基部に長さ5~8cm,幅2~3mmの小さな線形の葉を数枚つける。花は夏に開き,茎の先に小穂が多数密に集って頭状花序を1個つくる。花序の基部には2~4個の包があり,葉状で長く開出する。小穂は長さ3~3.5mmのやや扁平な長楕円状披針形である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメクグ【Kyllinga brevifolia Rottb. ssp.leiolepis (Fr.et Sav.) T.Koyama】

カヤツリグサ科の雑草で,水田のあぜや川や池沼の岸の湿った土地に生える(イラスト)。全体緑色で高さ10cmくらいの細い一年草で,長く横にはった根茎の節から茎が立ち上がる。葉は1~2枚で茎の基部につく。7~10月,茎の頂に2~3枚の葉状の苞を有する1個の球状の花序をつける。小穂は多数あり,長さ2.5mmで,2~3個の花がある。果実は左右から強く扁平のレンズ形で,花柱には2個の柱頭がある。ヒメクグは日本全国と中国に分布するが,その基本変種であるタイワンヒメクグK.brevifoliaはほとんど全世界の暖帯から熱帯に分布する雑草であり,牧草になるし,根茎は感冒,痛み止めなどに漢方で利用される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメクグ
ひめくぐ
[学]Cyperus brevifolius (Rottb.) Hassk. var. leiolepis (Fr. et Sav.) T. Koyama

カヤツリグサ科の多年草。根茎は長く伸び、各節から地上茎を出す。高さ5~20センチメートル。夏から秋、茎頂に球状の花穂を1個つけ、長い包葉が目だつ。名は、全体がイヌクグ(別名クグ)に似ているが、より小形であることによる。日当りのよい湿地や道端、田の畦(あぜ)に生え、北海道から沖縄、および朝鮮半島、中国に分布する。[木下栄一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android