コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメクグ ヒメクグ Cyperus brevifolius var.leiolepis

3件 の用語解説(ヒメクグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメクグ
ヒメクグ
Cyperus brevifolius var.leiolepis

カヤツリグサ科多年草。日本,中国,朝鮮半島などに分布し,普通,平地の日当りのよい湿地や畑地に生える。地下茎は長く地をはい,節から茎や根を出す。茎は直立し高さ5~20cmになり,基部に長さ5~8cm,幅2~3mmの小さな線形の葉を数枚つける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメクグ【Kyllinga brevifolia Rottb. ssp.leiolepis (Fr.et Sav.) T.Koyama】

カヤツリグサ科の雑草で,水田のあぜや川や池沼の岸の湿った土地に生える(イラスト)。全体緑色で高さ10cmくらいの細い一年草で,長く横にはった根茎の節から茎が立ち上がる。葉は1~2枚で茎の基部につく。7~10月,茎の頂に2~3枚の葉状の苞を有する1個の球状の花序をつける。小穂は多数あり,長さ2.5mmで,2~3個の花がある。果実は左右から強く扁平のレンズ形で,花柱には2個の柱頭がある。ヒメクグは日本全国と中国に分布するが,その基本変種であるタイワンヒメクグK.brevifoliaはほとんど全世界の暖帯から熱帯に分布する雑草であり,牧草になるし,根茎は感冒,痛み止めなどに漢方で利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメクグ
ひめくぐ
[学]Cyperus brevifolius (Rottb.) Hassk. var. leiolepis (Fr. et Sav.) T. Koyama

カヤツリグサ科の多年草。根茎は長く伸び、各節から地上茎を出す。高さ5~20センチメートル。夏から秋、茎頂に球状の花穂を1個つけ、長い包葉が目だつ。名は、全体がイヌクグ(別名クグ)に似ているが、より小形であることによる。日当りのよい湿地や道端、田の畦(あぜ)に生え、北海道から沖縄、および朝鮮半島、中国に分布する。[木下栄一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメクグの関連キーワードハリイ(針藺)カヤツリグサ科畦蚊帳吊蚊帳吊草小米蚊帳吊升草アゼガヤツリアゼスゲカヤツリグサカンゾウ(カヤツリグサ科)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone