コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメグモ Achaearanea japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメグモ
Achaearanea japonica

クモ綱クモ目ヒメグモ科。体長 5mm。橙赤色の丸いクモで,腹部に通常3個の黒色斑がある。歩脚の先方は黒ずんでいる。北海道,本州,四国,九州の市街地から山地にごく普通で,木の枝の間にシートのついた不規則な網を張り,木の葉で屋根をつける。なおヒメグモ科 Theridiidaeは立体的な不規則網を張る種が多く,日本産は約 100種が知られている。 (→クモ類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメグモ
ひめぐも / 姫蜘蛛
[学]Theridion japonicum

節足動物門クモ形綱真正クモ目ヒメグモ科に属するクモ。ヒメグモは体長4~5ミリメートル、赤橙(せきとう)色で腹部に3黒点がある。山地の樹間に不規則網を張る。ときに木の葉で屋根をつくる。卵嚢(らんのう)は巻いた葉の中につくられていることが多い。日本全国に広く分布する。
 また、ヒメグモ科の総称として用いられ、とくに和名にヒメグモとつくクモをいう。この科は種類が多く、日本では80種余りが知られている。ヒメグモ類は一般に不規則網であるが、ある程度まとまった立体構造のものは籠網(かごあみ)とよばれる。また、籠網の下にシートをつくるものと、つくらないものがある。オオヒメグモは家屋内外にもっとも普通にみられる種で、汎(はん)世界的な分布をする。新築家屋にはたいていこのクモが真っ先に進入する。イソウロウグモ類には数種があって、造網性のクモの網に寄宿し、その網にかかった虫を襲い、ときには宿主をも襲う。ゴケグモは有毒グモとして有名である。コガネヒメグモは金色の美しいクモであるが、体に触れると金色がたちまち褐色に変わる。ツリガネヒメグモは崖地(がけち)のくぼみにすみ、砂粒で鐘状の住居をつくる。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒメグモの関連キーワードシロカネイソウロウグモアキヨシホラヒメグモヒメグモ(姫蜘蛛)ツリガネヒメグモセアカゴケグモクロゴケグモホラヒメグモ背赤後家蜘蛛灰色後家蜘蛛オナガグモ洞姫蜘蛛後家蜘蛛居候蜘蛛洞窟動物寡婦蜘蛛尾長蜘蛛大姫蜘蛛姫蜘蛛毒グモ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android