コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメグモ(英語表記)Achaearanea japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメグモ
Achaearanea japonica

クモ綱クモ目ヒメグモ科。体長 5mm。橙赤色の丸いクモで,腹部に通常3個の黒色斑がある。歩脚の先方は黒ずんでいる。北海道,本州,四国,九州の市街地から山地にごく普通で,木の枝の間にシートのついた不規則な網を張り,木の葉で屋根をつける。なおヒメグモ科 Theridiidaeは立体的な不規則網を張る種が多く,日本産は約 100種が知られている。 (→クモ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメグモ
ひめぐも / 姫蜘蛛
[学]Theridion japonicum

節足動物門クモ形綱真正クモ目ヒメグモ科に属するクモ。ヒメグモは体長4~5ミリメートル、赤橙(せきとう)色で腹部に3黒点がある。山地の樹間に不規則網を張る。ときに木の葉で屋根をつくる。卵嚢(らんのう)は巻いた葉の中につくられていることが多い。日本全国に広く分布する。
 また、ヒメグモ科の総称として用いられ、とくに和名にヒメグモとつくクモをいう。この科は種類が多く、日本では80種余りが知られている。ヒメグモ類は一般に不規則網であるが、ある程度まとまった立体構造のものは籠網(かごあみ)とよばれる。また、籠網の下にシートをつくるものと、つくらないものがある。オオヒメグモは家屋内外にもっとも普通にみられる種で、汎(はん)世界的な分布をする。新築家屋にはたいていこのクモが真っ先に進入する。イソウロウグモ類には数種があって、造網性のクモの網に寄宿し、その網にかかった虫を襲い、ときには宿主をも襲う。ゴケグモは有毒グモとして有名である。コガネヒメグモは金色の美しいクモであるが、体に触れると金色がたちまち褐色に変わる。ツリガネヒメグモは崖地(がけち)のくぼみにすみ、砂粒で鐘状の住居をつくる。[八木沼健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android