コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメグモ ヒメグモ Achaearanea japonica

2件 の用語解説(ヒメグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメグモ
ヒメグモ
Achaearanea japonica

クモ綱クモ目ヒメグモ科。体長 5mm。橙赤色の丸いクモで,腹部に通常3個の黒色斑がある。歩脚の先方は黒ずんでいる。北海道,本州,四国,九州の市街地から山地にごく普通で,木の枝の間にシートのついた不規則な網を張り,木の葉で屋根をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメグモ
ひめぐも / 姫蜘蛛
[学]Theridion japonicum

節足動物門クモ形綱真正クモ目ヒメグモ科に属するクモ。ヒメグモは体長4~5ミリメートル、赤橙(せきとう)色で腹部に3黒点がある。山地の樹間に不規則網を張る。ときに木の葉で屋根をつくる。卵嚢(らんのう)は巻いた葉の中につくられていることが多い。日本全国に広く分布する。
 また、ヒメグモ科の総称として用いられ、とくに和名にヒメグモとつくクモをいう。この科は種類が多く、日本では80種余りが知られている。ヒメグモ類は一般に不規則網であるが、ある程度まとまった立体構造のものは籠網(かごあみ)とよばれる。また、籠網の下にシートをつくるものと、つくらないものがある。オオヒメグモは家屋内外にもっとも普通にみられる種で、汎(はん)世界的な分布をする。新築家屋にはたいていこのクモが真っ先に進入する。イソウロウグモ類には数種があって、造網性のクモの網に寄宿し、その網にかかった虫を襲い、ときには宿主をも襲う。ゴケグモは有毒グモとして有名である。コガネヒメグモは金色の美しいクモであるが、体に触れると金色がたちまち褐色に変わる。ツリガネヒメグモは崖地(がけち)のくぼみにすみ、砂粒で鐘状の住居をつくる。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメグモの関連キーワード草蜘蛛子守蜘蛛笹蜘蛛戸閉蜘蛛水蜘蛛居候蜘蛛大姫蜘蛛棘蜘蛛葉蜘蛛ヒメグモ(姫蜘蛛)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒメグモの関連情報