コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメハギ科 ヒメハギかPolygalaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメハギ科
ヒメハギか
Polygalaceae

双子葉植物ミカン目の1科。ほぼ全世界に 12属約 800種が知られるが,南太平洋諸島とニュージーランドには分布がない。大半は草本または低木であるが,まれに高木種もある。葉は互生対生,あるいは輪生するものもあるが,単純な全縁葉で,切込んだり複葉になることはない。花は5数性で,穂状や総状の花序 (→穂状花序 , 総状花序 ) をなす。5枚ある萼片の内側2枚はしばしば花弁状に大きく,花弁そのものは2枚を失って3枚の場合が多い。これらがおしべ (通常は8本ある) の下半部と癒合して,マメ科蝶形花冠に似た独特の花冠をつくる。果実は蒴果または核果となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメハギ科
ひめはぎか
[学]Polygalaceae

双子葉植物、離弁花類。草木、低木または小高木。葉は互生し、托葉(たくよう)はない。花は両性で左右相称。萼片(がくへん)は離生して5枚が瓦(かわら)重ねに並び、内側の2枚は大きく、花弁状となる。花弁は3~5枚、外側2枚は離生または下側のものと合生し、上方2枚は離生して鱗片(りんぺん)状または退化する。雄しべは8本、ときに4~5本、通常なかば以上までは合生し、上部は開く。葯(やく)は先が開孔する。果実は(さくか)。世界に13属800種、日本にヒメハギ属、ヒナノカンザシ属の2属が分布する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒメハギ科の関連キーワードヒナノカンザシ(雛の簪)ヒメハギ(姫萩)スネークルートヒナノカンザシカキノハグサ左右相称ヒメハギサポニンセネガ根糸葉姫萩オンジ糸姫萩雛の簪セネガ小草野茶遠志姫萩雀萩柴萩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android