コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメバチ ヒメバチ Ichneumonidae; ichneumon

3件 の用語解説(ヒメバチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメバチ
ヒメバチ
Ichneumonidae; ichneumon

膜翅目ヒメバチ科の昆虫の総称。小~大型のハチで体は細く,触角は糸状で多くの環節から成る。有翅であるが,まれに翅のないものもある。前翅には普通2本,ときに1本の反上脈があるが,1本の場合は腹長は頭と胸部の長さの和の3倍あり,前伸腹節が後基節端より後方に伸長する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒメバチ

膜翅(まくし)目ヒメバチ科の昆虫の総称。全世界に1万余種あり,ハチ類の中では最大の科と考えられる。全部寄生性で,卵は各種の昆虫の幼虫に1個ずつ産みつけられ,寄主が蛹化(ようか)後に脱出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメバチ
ひめばち / 姫蜂

昆虫綱膜翅(まくし)目有錐(ゆうすい)類ヒメバチ科Ichneumonidaeに属する昆虫の総称。日本全土で800種以上が知られており、膜翅目のなかではもっとも大きなグループの一つである。体長は大きい種類では100ミリ以上に達し、最小では数ミリのものまであり、形や生活の仕方も多岐にわたる。分類学的にはヒメバチ上科に属し、コマユバチ科Braconidaeとはその形態や生態もよく似ている。
 この科に属するハチは、すべてほかの昆虫やクモなどに寄生し、その体を食い尽くして成長するので、農林業害虫の天敵として有用なものも多い。寄主としては、クモ類の卵や成虫のほか、昆虫の脈翅目、毛翅目、鱗翅(りんし)目、甲虫目、膜翅目、双翅目などの幼虫や蛹(さなぎ)が知られている。寄主として選ぶ範囲が広い広食性の種類が多いが、特定の寄主や特定の環境と結び付いたものもいる。寄主の体表に産卵し、孵化(ふか)した幼虫は、寄主の体を外から摂食する外部寄生性の種類や、寄主の体内に産卵し、幼虫は体の中で成長する内部寄生性のものもいる。また、植物の茎や葉などの上に産卵し、孵化した幼虫は、寄主がその場を通りかかるのを待っているというような生活をしている種類もいる。このような生活では、成虫になるまでに死ぬ個体が多いので、一頭当りの成虫が産む卵の量は、ほかの種類に比べてかなり多い。ヒメバチには長い産卵管をもっている種類も数多いが、一般的にいえば、このような種類は、植物の組織の中、繭の中、あるいは小さなすきまなど隠れた場所で生活している寄主を攻撃するものが多い。湖沼、渓流などの水底で幼虫時代を送るトビケラ類に寄生するミズバチのグループは、かつてはミズバチ科Agriotypidaeとして独立して扱われていたが、現在ではヒメバチ科の一員と考えられている。[桃井節也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメバチの関連キーワード土蜂姫蜂鼈甲蜂飴蜂雀蜂姫花蜂クキバチ(茎蜂)コマユバチ(小繭蜂)スズメバチ(胡蜂)ヒメバチ(姫蜂)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒメバチの関連情報