コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒヤリハット ひやりはっと

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ヒヤリハット

事故に遭いそうになったときの「ヒヤリ」「ハット」した経験のこと。結果として大事に至らなかった経験なので、なかなか表面にはあらわれにくい。しかし、実際に事故に至る背後には、数多くの「ヒヤリハット」体験が潜んでいるとされ、これを裏付けるものにハインリッヒの法則がある。 事故を未然に防ぐためには、事故発生例だけを分析するのでなく、数多くの「ヒヤリ・ハット」の体験事例を集め、そこから発生要因を分析し、防止策を立てる必要があるとされる。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

ヒヤリハットの関連キーワードインシデントレポート安全教育

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒヤリハットの関連情報