コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒヨドリバナ

百科事典マイペディアの解説

ヒヨドリバナ

キク科の多年草。北海道〜九州,東アジアの暖〜温帯に分布し,山地にはえる。は高さ1〜2m。葉は対生し,広披針形で薄く,毛があり,下面には腺点がある。8〜10月,茎の上部筒状花からなる白色頭花をまばらな散房状につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒヨドリバナ【Eupatorium chinense L.var.oppositifolium (Koidz.) Murata et H.Koyama】

温帯から暖帯にかけての比較的明るい疎林の中や,林縁,造林地などの草地に多いキク科の多年草(イラスト)。地下茎は短くて太く,やや塊状に肥厚して多少木化し,1~数本の茎を叢生(そうせい)する。葉は対生し,長卵状楕円形から長楕円状披針形,先が尾状に長く鋭尖(えいせん)する傾向が強い。葉の表面は光沢がなく,短毛がまばらに散生する。裏面には全体に腺点がある。ときに葉の基部が2~3裂したり,種々の程度に羽状に分裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒヨドリバナ
ひよどりばな / 鵯花
[学]Eupatorium chinense L. var. oppositifolium (Koidz.) Murata et H. Koyama

キク科の多年草。地下茎は短くて太く、やや塊状に肥厚して多少木質化し、茎を1本から数本叢生(そうせい)する。葉は対生し、長卵状楕円(だえん)形または長楕円状披針(ひしん)形で長さ6~18センチメートル、幅3~8センチメートル、裏面全体に腺点(せんてん)がある。8~10月、多数の頭花を散房状につける。頭花は数個の管状花からなり、白色でときに淡紫色を帯びる。痩果(そうか)は五稜(りょう)形、白色の冠毛がある。山地の比較的明るい疎林の中や林縁、造林地などの草地に多く生え、日本、および朝鮮半島、揚子江(ようすこう)以北の中国に分布する。名は、ヒヨドリの鳴くころに花が咲くことによる。近縁のサワヒヨドリとの雑種もあり、変異が多く、同定のむずかしい種である。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒヨドリバナの関連キーワードヨツバヒヨドリヤマヒヨドリサワヒヨドリ四葉鵯沢鵯

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒヨドリバナの関連情報