コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラムシ

百科事典マイペディアの解説

ヒラムシ

渦虫綱多岐腸類に属する体が扁平な扁形動物の総称。体は楕円形〜帯状で,長さ2〜40mm。体の表面は繊毛でおおわれる。口は体の腹面中央に開き,樹枝状の腸の末端は行きづまりで,肛門はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラムシ
ひらむし / 平虫

扁形(へんけい)動物門渦虫綱多岐腸目Polycladidaに属する海産動物の総称。世界各地の海にすむ。体は多くは扁平な葉状で、卵円形、楕円(だえん)形、細長いものもある。体長5ミリメートルぐらいのものから10センチメートルにも及ぶものがある。多くは褐色や乳白色であるが、浅海性の種のなかには美しい色彩や模様を示すものもある。口は腹面中央に開き、腸は咽頭(いんとう)から細かく分岐して放射状に続く。乳白色の生殖腺(せん)も透けてみえる。肛門(こうもん)はない。目は多くの種で細かい黒色の眼点に分かれていて、前端近く2か所に分散したり、前縁に沿って多数並んでいたりして分類上の重要な特徴になる。雌雄同体であり、幼生を生ずる間接発生、または直接発生をする。
 日本沿岸では、潮間帯の磯(いそ)の石の下などにすみ、体表の繊毛で滑るようにはって移動するが、体側をひれのように動かしてよく泳ぐものもある。沖合いのやや深い海底にすむものもある。未成熟の小さい個体はよく浮遊生活をして、洋上の流れ藻などについている。比較的容易にみられる種には、ウスヒラムシ、イイジマヒラムシ、ツノヒラムシ、ヤワヒラムシ、ミノヒラムシ、マダラニセツノヒラムシなどがある。マダラニセツノヒラムシは体長8センチメートル、幅4センチメートルぐらいまで達し、側縁は波状を呈する。体は濃紫色で不規則な白斑(はくはん)が散布する。吸盤を前方下面にもち、よく泳ぐ。関東地方以南、ことに瀬戸内海などでカキ養殖の筏(いかだ)にみられる。この類はカキを食害することがある。[峯岸秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone