コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンドゥスターニー音楽 ヒンドゥスターニーオンガク

2件 の用語解説(ヒンドゥスターニー音楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヒンドゥスターニー‐おんがく【ヒンドゥスターニー音楽】

《〈ヒンディー〉Hindūstānī Saṃgīta》インド伝統音楽の二大潮流の一つ。13世紀初頭にイスラム王朝がデリーに成立し、このころから南インドカルナータカ音楽と、イスラム文化の影響のもとに発達した北インドのヒンドゥスターニー音楽とに分かれる。→カルナータカ音楽

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒンドゥスターニー音楽【ヒンドゥスターニーおんがく】

北インドの古典音楽。12世紀に北部にイスラーム宮廷が出現したことにより,インドの古典音楽は北(ヒンドゥスターニー音楽)と南(カルナータカ音楽)の2系列に分かれた。
→関連項目アーラープサーランギーシャーナーイバートカンデビーナー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のヒンドゥスターニー音楽の言及

【インド音楽】より

…またターラに関する1章が別にもうけられ,詩の韻律を基礎として,その音節の長短を単位としたパターンによって,数十種のターラが分類されている。
[カルナータカ音楽とヒンドゥスターニー音楽]
 地理,風土,言語,歴史などの違いから,現代インドの古典音楽は,カルナータカ音楽(南インド)とヒンドゥスターニー音楽(北インド)とに大別されるが,実際の演奏は伴奏者を伴った独奏・独唱によるラーガの表現であることに変りはない。イスラム教徒侵入の影響によって,ガーンダルバの伝統はとだえたが,楽曲形式においては,侵入当初の13世紀に書かれた理論書《サンギータ・ラトナーカラ》(〈音楽の宝庫〉の意)にみられるアーラープティālāpti(即興演奏)の形式が,南北両派ともに踏襲されている。…

【パキスタン】より

…第1は,インダス流域の平野部を中心とする古典音楽と民俗音楽である。イスラムの北インド侵入によって,インド的要素と西アジア・イスラム的要素を融合させた北インド古典音楽,すなわちヒンドゥスターニー音楽の豊かな伝統は,第2次世界大戦後のインドから東・西パキスタンの分離,さらに東パキスタンが自立してバングラデシュとして分離して以来,パキスタンにおいてより純粋な形で継承されている。それはヒンドゥスターニーの古典音楽の著名なイスラム教徒の音楽家たちが,パキスタンに移住して活発な活動を開始したことと,パキスタン音楽の発展を担う行政をはじめとする支援の強化に起因している。…

※「ヒンドゥスターニー音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒンドゥスターニー音楽の関連キーワードヒンディー文学アンディーブハンディーオートノルマンディートレンディーインディーウィンディーキャンディーランドピンディーヒンディー・ベルト

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone