コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエイラ ビエイラVieira, António

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビエイラ
Vieira, António

[生]1608.2.6. リスボン
[没]1697.7.18. サルバドル
ポルトガルの聖職者,著述家。6歳のとき家族とともにブラジルのバイアに移住。サルバドルイエズス会の学校を卒業,1634年聖職につく。 1641年ポルトガルに戻り,ジョアン4世の助言者となり,大使としてオランダ,フランス,ローマに赴くが,のち宣教のためブラジルへ転任。奴隷制に強く反対して,先住民を自由にする法律を獲得するが,植民者に憎まれ,追放された。 1667年ジョアン4世 (1656没) の復活を信じポルトガル第5帝国の到来を予言したため,宗教裁判にかけられたが,翌年自由を取り戻し,ローマ教皇庁で説教者となる。 1681年再びバイアに帰り,晩年をおくった。著書『説教集』 Sermões (18巻,1679~1748) ,『書簡集』 Cartas (3巻,1925~28) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ビエイラ Vieira, Sebastião

1573-1634 ポルトガルの宣教師。
イエズス会司祭。慶長9年(1604)来日。キリシタン禁令によって19年マニラにいったが,翌年日本に潜入。元和(げんな)5年マカオにもどる。1624年(寛永元)日本管区の代表としてローマにいき,同会の立場を主張。寛永9年フィリピンから日本に潜入して大坂で捕らえられ,寛永11年6月11日江戸で火刑となった。61歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ビエイラの関連キーワードギニア・カーボベルデ独立アフリカ党アンジェリーナ ジョリーマラン・バカイ サンハブラジルの古代文化ギニア・ビサウL. カブラルポルトガル美術ベルナルデスウツボカズラファルカンヴィエイラ木村悟子宣教師フッキ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビエイラの関連情報