コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビクトリア様式 ビクトリアようしき

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ビクトリアようしき【ビクトリア様式】

イギリスのビクトリア女王時代(1837~1901年)の美術・工芸様式。中世回帰の風潮をきっかけに、ゴシック様式を中心とした過去の様式を折衷的に用いた。従来の石や煉瓦(れんが)などに加え、鉄・コンクリート・ガラスといった新しい工業的材料を積極的に採用したことも特徴。◇「ビクトリアン様式」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビクトリアようしき【ビクトリア様式 Victorian style】

イギリスのビクトリア女王(在位1837‐1901)治下の美術様式の意であるが,厳密には,特定の形態に基づく表現様式というよりは,同時代の美術の一般的傾向を包括的に示す語として用いられる。当時のイギリスは同国史上最も輝かしい時代を迎えていた。しかし芸術的には18世紀に萌芽した中世趣味が深く浸透して19世紀後半に至るまでゴシック・リバイバルの風潮が支配的であり,加えて過去の完成した諸様式の無批判な採用が折衷主義を生み,建築と工芸の様式に混乱を招いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ビクトリア様式の関連キーワードチャクリーマハプラサート宮殿ゴシック・リバイバルストランドアーケードヘリテイジスクエアバージニア・シティイスタナブサールザ・ウインザーモナヴェイルルイ王朝様式ジョージ広場ハロゲートバセテールモナベールオアマルロックス