コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビクーナ vicuña

翻訳|vicuña

世界大百科事典 第2版の解説

ビクーナ【vicuna】

ビクーニャともいう。ラマに似たラクダ科の偶蹄類(イラスト)。アンデス山地のペルー南部,ボリビア西部からアルゼンチン北西部,チリ北部に分布。体長125~190cm,尾長15~25cm,肩高70~110cm,体重35~65kg。体は細く,首と四肢が長い。グアナコに比べ顔は短く耳介が長く,前に倒せば鼻孔に届く。後足の中足部に“たこ”はない。体毛は絹毛状で細く長く,橙色をおびた淡褐色。顔は赤褐色,耳介は赤黄色で,首の基部から前胸部に白色の長毛が房状に生える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビクーナ
びくーな
vicuavicugna
[学]Lama vicugne

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ラクダ科の動物。別名ビキューナ、ビクニア。南アメリカのペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリにかけて分布し、海抜3600~5400メートルのアンデス山中に生息する。体長1.25~1.9メートル、尾長15~25センチメートル、肩高0.7~1.1メートル、体重50キログラム前後で、南アメリカ産のラクダ類ではもっとも小形。被毛は羊毛状で長く、赤みを帯びた黄色、下腹部は白色である。前胸部の毛はとくに長く、40~60センチメートルに達する。5~15頭の小群をつくり、雄のリーダーに率いられ、多年生の草を主食としている。妊娠期間はほぼ10か月、1産1子を産む。寿命は15~20年である。[中川志郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビクーナの関連キーワードワスカラン国立公園ラウカ国立公園アンデス山脈中川志郎牧畜文化