コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビショップ環 ビショップかん Bishop's ring

5件 の用語解説(ビショップ環の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビショップ環
ビショップかん
Bishop's ring

晴れた空に太陽のまわりに現れる赤褐色ぼんやりした環。昼頃では,環の内径は約 10°,外径は約 20°であるが,太陽高度が低いときの環はもっと大きくなる。ビショップ環が最初に見られたのは,1883年のインドネシアクラカトア火山の大爆発のあとで,世界各地で 1886年まで見ることができた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビショップ‐かん〔‐クワン〕【ビショップ環】

光冠の一。火山爆発で噴き上げられた細塵(さいじん)が上空に滞留しているとき、太陽の光が回折されるため、その周りに見られる赤褐色の大きな光輪。1883年のインドネシアのクラカタウ火山爆発時には世界各地で観測された。名は、ハワイで最初に観測した米国のビショップ(S.E.Bishop)にちなむ。ビショップの輪

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビショップ環【ビショップかん】

ビショップの輪とも。水滴以外の微小浮遊物による光冠と類似の現象。たとえば大きな火山爆発で吹き上げられた細塵(さいじん)が大気上層に滞留しているとき,太陽の周囲に見られる赤褐色の光輪。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビショップかん【ビショップ環 Bishop’s ring】

光冠の一種で,激しい火山爆発で細かい火山灰が空高く成層圏にまで噴き上げられた時などに見える。1883年インドネシアのクラカタウ火山の爆発の時,ハワイの宣教師ビショップS.E.Bishopが,この現象の学問的な記録を残しているので,その名前をとってビショップ環という。環の外側は赤褐色,内側は青色で,その半径は太陽から角度で20度以上に達するが,これから火山灰の直径を推算すると2μm以下となる。【畠山 久尚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビショップ環
びしょっぷかん
Bishop's ring

太陽や月の周りにみられる褐色がかった光の輪。火山爆発で噴き上げられて上空に浮遊する微細な灰の粒子によって、太陽や月の光が回折されてできる現象。光冠の一種で、灰の粒子がきわめて小さいので光の輪の半径は比較的大きく、約20度くらいである。1883年8月にインドネシアのスンダ海峡にあるクラカタウ島の火山大噴火後は世界各地で約3年間に及んで観測された。命名はハワイでの最初の観測者にちなむ。[大田正次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビショップ環の関連キーワード鵜飼い火茸雲貰い火合火シストイド浮石火山熔岩火山超火山爆発火山礫質凝灰岩ハワイ火山国立公園

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone