コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビショップ環 ビショップかんBishop's ring

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビショップ環
ビショップかん
Bishop's ring

晴れた空に太陽のまわりに現れる赤褐色のぼんやりした環。昼頃では,環の内径は約 10°,外径は約 20°であるが,太陽高度が低いときの環はもっと大きくなる。ビショップ環が最初に見られたのは,1883年のインドネシアのクラカトア火山の大爆発のあとで,世界各地で 1886年まで見ることができた。近年では 1991年のフィリピンのピナツボ山噴火後に観測された。名前はハワイで最初に観測したビショップ牧師にちなむ。高層大気中の微細な塵による回折現象によるものであり,その外径から,細塵の直径の平均は 0.00185mmと見積もられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビショップ‐かん〔‐クワン〕【ビショップ環】

光冠の一。火山爆発で噴き上げられた細塵(さいじん)が上空に滞留しているとき、太陽の光が回折されるため、その周りに見られる赤褐色の大きな光輪。1883年のインドネシアのクラカタウ火山爆発時には世界各地で観測された。名は、ハワイで最初に観測した米国のビショップ(S.E.Bishop)にちなむ。ビショップの輪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ビショップ環【ビショップかん】

ビショップの輪とも。水滴以外の微小浮遊物による光冠類似の現象。たとえば大きな火山爆発で吹き上げられた細塵(さいじん)が大気上層に滞留しているとき,太陽の周囲に見られる赤褐色の光輪。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビショップかん【ビショップ環 Bishop’s ring】

光冠の一種で,激しい火山爆発で細かい火山灰が空高く成層圏にまで噴き上げられた時などに見える。1883年インドネシアのクラカタウ火山の爆発の時,ハワイの宣教師ビショップS.E.Bishopが,この現象の学問的な記録を残しているので,その名前をとってビショップ環という。環の外側は赤褐色,内側は青色で,その半径は太陽から角度で20度以上に達するが,これから火山灰の直径を推算すると2μm以下となる。【畠山 久尚】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビショップ環
びしょっぷかん
Bishop's ring

太陽や月の周りにみられる褐色がかった光の輪。火山爆発で噴き上げられて上空に浮遊する微細な灰の粒子によって、太陽や月の光が回折されてできる現象。光冠の一種で、灰の粒子がきわめて小さいので光の輪の半径は比較的大きく、約20度くらいである。1883年8月にインドネシアのスンダ海峡にあるクラカタウ島の火山大噴火後は世界各地で約3年間に及んで観測された。命名はハワイでの最初の観測者にちなむ。[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビショップ環の関連キーワードクラカタウ[島]