ビバリーニ(英語表記)Vivarini, Antonio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビバリーニ
Vivarini, Antonio

[生]1415頃.ムラノ
[没]1476/1484. ベネチア
イタリアの画家。 15世紀にパドバからベネチアのムラノ島に移住し活躍した。活躍期は2つに分れ,前期は義弟 G.ダルマーニャと共作。主要な共作品はベネチアのサン・ツァッカリア聖堂 (1443~44) ,サン・パンタレオーネ聖堂 (44) の祭壇画など。後期は弟バルトロメオ (→ビバリーニ ) と共作。主要な共同作品は教皇ニコラウス5世のために制作したポリプティック (50,ボローニャ・ギャラリー) 。

ビバリーニ
Vivarini, Bartolomeo

[生]1432頃.ムラノ/ベネチア
[没]1499頃.ベネチア
イタリアの画家。 15世紀にパドバからベネチアのムラノ島に移住し活躍した。兄アントニオ (→ビバリーニ ) に師事し,1450年以後共作したが,A.マンテーニャの影響で,64年以後はより力強い作風に転換した。作品はベネチアのサン・ジョバンニ・エ・パオロ聖堂,フラリ聖堂の祭壇画など。晩年はベルガモで活躍した。

ビバリーニ
Vivarini, Alvise

[生]1446頃.ムラノ
[没]1503/1505
イタリアの画家。 A.ビバリーニの子。叔父の B.ビバリーニや G.ベリーニの影響を受け,祭壇画,肖像画を描いた。作品は,バルレッタの祭壇画 (1483) ,ナポリの祭壇画 (85) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android