ビュルガー病(読み)ビュルガーびょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビュルガー病
びゅるがーびょう
Buerger's disease

閉塞(へいそく)性血栓血管炎のことで、命名者の名を冠してビュルガー(バージャー)病とよぶ。通常、20~40歳代の男性に好発し、四肢の動静脈に慢性的に発現する血管全層炎による血栓性閉塞で、指趾(しし)のチアノーゼが強くなって壊死(えし)に陥り脱落することがあるところから、特発性脱疽(だっそ)ともよばれてきた。原因については細菌感染、アレルギー、血液成分の変化、自己免疫説などがあるが、真の原因はまだ不明で、厚生労働省の特定疾患(難病)に指定されている。
 症状としては、四肢の冷感、蒼白(そうはく)、チアノーゼにまず気づき、歩くと腓腹(ひふく)筋や足部に痛みを感じ、足を引きずるようになるが、立ち止まってしばらく休むと回復する。この現象を間欠性跛行(はこう)という。症状が悪化してくると安静時にも四肢が痛み、やがて指趾に難治性の潰瘍(かいよう)ができて脱疽がみられるようになる。この間の痛みは激しい。また、静脈の症状は軽く、手足の表在静脈に有痛性の血栓性静脈炎を併発することがある。なお、喫煙者に多くみられるのがビュルガー病の特徴で、反対に飲酒を好む者には少ない。とくに喫煙によって症状の増悪をみるものが多く、禁煙を厳守することが生活指導上もっとも重要とされている。かつてはこうした点からたばこ原因説もあったが、病因であるとする根拠はない。
 診断は、四肢の皮膚温度の低下や動脈の拍動減弱あるいは欠如などのほか、動脈撮影によって確実に診断されるが、閉塞性動脈硬化症をはじめ、レイノー症候群、大動脈炎症候群、血栓症や塞栓症、膠原(こうげん)病、糖尿病性壊疽、赤血球増加症などの血液疾患、ヒ素や鉛などの中毒などと鑑別する必要がある。
 治療としては、初期の段階には血管拡張剤の内服や温泉療法などが試みられ、潰瘍治癒促進の目的で交感神経切断術がよく行われる。さらに進行した場合は、壊死部切除や四肢切断術の適応となる。[竹内慶治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android