コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閉塞性血栓血管炎 へいそくせいけっせんけっかんえんthromboangitis obliterans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閉塞性血栓血管炎
へいそくせいけっせんけっかんえん
thromboangitis obliterans

ビュルガー (またはバージャー) 病,あるいは特発性脱疽ともいう。四肢,特に下肢の主幹動脈を侵し,静脈炎も伴うもので,動脈の内膜が炎症を起し,血栓を形成して,管腔の閉塞を起す。そのため,末梢部の血行が阻害されて,指趾の冷感,しびれ,蒼白,間欠性跛行が現れ,次第にチアノーゼ,阻止性発赤,筋萎縮,脱毛がみられるようになり,さらに組織の壊死なども生じてくる。喫煙する比較的若い男子に多発する。血管拡張剤などの薬物療法血管移植などによる血行再建,交感神経切除手術などの対症療法がとられる。日本人に特異的に多い。 L.ビュルガーオーストリアの外科医 (1879~1943) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone