コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビョルンソン ビョルンソン Bjørnson, Bjørnstjerne Martinius

7件 の用語解説(ビョルンソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビョルンソン
ビョルンソン
Bjørnson, Bjørnstjerne Martinius

[生]1832.12.8. クビクネ
[没]1910.4.26. パリ
ノルウェーの詩人,小説家,劇作家。大学予備校時代にイプセンとともに文芸復興運動に参加。サガと当代ノルウェーの田園生活からインスピレーションを受け,新旧ノルウェーを結ぶ絆を強調した。大学時代,演劇の改革を志し,『戦いの合間』 Mellem slagene (1857) を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ビョルンソン
ビョルンソン
Björnsson, Sveinn

[生]1881.2.27. レイキャビーク
[没]1952.1.25. レイキャビーク
アイスランドの政治家,外交官。初代大統領(在任 1944~52)。1907年から弁護士として最高裁判所に在籍,1912年にレイキャビーク町議会議員となり,1918~20年に同議長を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビョルンソン(Bjørnstjerne Bjørnson)

[1832~1910]ノルウェーの小説家・劇作家。政治運動でも活躍。1903年ノーベル文学賞受賞。小説「日向丘の少女」「アルネ」、戯曲「人力以上」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビョルンソン

ノルウェーの作家。20歳代で書いた戯曲《戦いの合間》や小説《日向丘のシンネーベ》(1857年)で早くも新時代のホープになり,国民作家として認められた。後年は,〈人道の戦士〉として国際的に活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビョルンソン【Bjørnstjerne Bjørnson】

1832‐1910
ノルウェー近代文学を主導した劇作家,小説家,詩人。まず田園小説《日向丘のシンネーベ》(1857),《アルネ》(1859)で世界的に知られた。劇場監督を務め,歴史劇三部作《シーグル・シュレンベ》(1862)のあと,ノルウェー最初の散文市民劇《新婚夫婦》(1865)で人形扱いに抗議する夫を描き評判となった。劇作家として世界に名を高めたのは,資本家の偽りの生活と改心を描く《破産》(1875)によってである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ビョルンソン【Björnstjerne Björnson】

1832~1910) ノルウェーの劇作家・小説家。明るく調和的な作品を書く一方、ドレフュス事件や被圧迫民族保護に積極的態度を示し「人道の戦士」と称された。戯曲「破産者」、小説「日向丘の少女」「アルネ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビョルンソン
びょるんそん
Bjrnstjerne Bjrnson
(1832―1910)

ノルウェーの劇作家、小説家、詩人。牧師の子として、東部山地のクビクネに生まれ、幼時から抜群の天分を示して指導者の性格を表す。ストライキの指導者として中学校を追放され、首都クリスティアニア(現オスロ)に出て大学受験のために予備校に通うころには、早くも青年の間に重きをなし、イプセン、ビニエらと知り合い演劇改革運動に乗り出したり、新聞を創刊して国民精神の高揚に努める。イプセンとは終生を通じての友であり、また競争者であった。1852年王立フレデリック大学卒業。56年にスウェーデンの旧都ウプサラ開かれた学生会議に出席して感銘を受けて帰国、直後に中世北欧の英雄に取材した戯曲『戦いの合間』(1857)を、翌年は小説『日向(ひなた)丘の少女』を書いて、早くも新文学の旗手となる。後者はことに北国の初々しい青年男女の悩みとあこがれを雄大な自然を背景に描いて、続く『アルネ』(1858)、『幸運児』(1860)などとともに、清純無比の青春小説、山岳小説として世界中に愛読された。しかし作者がスカンジナビア連合運動や、青年民主党の創立を通じて国民指導者の地位に上るに及び、初期の牧歌的作風はより急進的、社会的なリアリズムとなった。金の魔力を扱った『手袋』(1883)などはこの中期の社会劇で、二部の大作『人力以上』(1883~95)をその頂点とする。小説では『港に町に旗はひるがえる』(1884)、『マリイ』(1906)などが中・後期の代表作。晩年、国際舞台に進出、ドレフュス事件やフィンランド、ポーランドなどの被圧迫民族のために奮闘、「人道の戦士」とたたえられ、1903年にはノーベル文学賞を受賞。彼の詩『しかりわれらはこの国を愛す』(われらが愛する山の国)は、ノルウェー国歌になっている。パリで客死すると、政府は軍艦を派遣して遺骸(いがい)を迎え、国葬をもって遇した。[山室 静]
『小林英夫訳『アルネ』(岩波文庫) ▽山室静訳『日向丘の少女』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビョルンソンの関連キーワードノルウェーノルウェー語古代文学ノルウェージャンフォレストキャットノルゲノルウェー室内管弦楽団ノルウェー放送管弦楽団ノルウェー・クローネノルウェジアン・ブーフント近代ノルウェー語

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビョルンソンの関連情報