コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビヨウヤナギ

百科事典マイペディアの解説

ビヨウヤナギ

中国産のオトギリソウ科の小低木。未央柳庭木,切花用。高さ1m内外になり,長楕円状披針形の柄のない葉を対生,冬は半ば落葉する。夏,枝先に集散花序をつけ,径4〜5cmの黄色の5弁花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビヨウヤナギ
びようやなぎ / 美容柳
[学]Hypericum chinense L. var. salicifolia (Sieb. et Zucc.) Choisy

オトギリソウ科の半常緑低木。茎は株立ちとなり、高さ約1メートル。葉は葉柄がなくて対生し、長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形で、長さ5~8センチメートル、全縁で先は丸みを帯びる。葉質はやや薄く、表面は鮮緑色で、裏面は緑白色、透かしてみると透明な細点が密にある。6~7月、枝先に集散花序をつくり、黄色で径約6センチメートルの5弁花を開く。花弁は広倒卵形、基部は細まる。雄しべは多数が5群に分かれてつく。花糸は黄金色で細長く、花弁の長さとほぼ同じである。雌しべの花柱も長く、先は5裂する。(さくか)は円錐(えんすい)形で長さ約7ミリメートル、9~10月に熟す。中国中南部原産。名は、花が美しく、葉が細いことをヤナギになぞらえたものといわれる。日本では『花譜』(貝原益軒(かいばらえきけん)著、1694)に初めて載り、庭木、いけ花に用いる。繁殖は実生(みしょう)、挿木、株分けによる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のビヨウヤナギの言及

【キンシバイ(金糸梅)】より

…切花として用いられ,株分け,挿木によって繁殖させる。ビヨウヤナギH.chinense L.var.salicifolia (Sieb.et Zucc.) Choisyも中国原産で,庭に栽培される。葉は狭長楕円形,夏に咲く花は黄色で直径4~6cmに達する。…

※「ビヨウヤナギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビヨウヤナギの関連キーワード小林義雄金糸桃美女柳

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android