コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルタネン ビルタネン Virtanen, Artturi Ilmari

3件 の用語解説(ビルタネンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルタネン
ビルタネン
Virtanen, Artturi Ilmari

[生]1895.1.15. ヘルシンキ
[没]1973.11.11. ヘルシンキ
フィンランド生化学者。ヘルシンキ,チューリヒミュンスターおよびストックホルムの各大学に学び,ヘルシンキ大学講師 (1924) ,フィンランド工科大学生化学教授 (31) を経てヘルシンキ大学教授 (39) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビルタネン

フィンランドの生化学者。1939年以降ヘルシンキ大学教授および生化学研究所長。まぐさの新しい貯蔵法を発見し,また根粒バクテリア窒素固定の化学的機構を解明。農業化学および栄養化学における貢献に対して1945年ノーベル化学賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビルタネン【Artturi Ilmari Virtanen】

1895‐1973
フィンランドの生化学者。生化学とりわけ人間の栄養と農業に関する研究で1945年度ノーベル化学賞を受賞した。ヘルシンキに生まれる。1919年ヘルシンキ大学で化学,生物学,物理学を学んだ後,チューリヒ,ストックホルムで生化学の基礎研究を続けた。24年から39年までヘルシンキ大学の化学講師,31年より39年までフィンランド技術研究所の生化学教授を兼任,39年より48年までヘルシンキ大学の生化学教授を務める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のビルタネンの言及

【フィンランド】より

…フィンランド数学は関数理論で世界のトップレベルにある。生化学のビルタネンはノーベル化学賞を受けた。またユルッポArvo Ylppö(1887‐1992)は小児科および未熟児の研究で先駆的仕事をしている。…

※「ビルタネン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビルタネンの関連キーワードケンドル古生化学フィン人フィンランディアママとボクのフィンランドバス生化学的指標生化学的分析生化学岩柿内三郎フロルカン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone