コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーグル号航海記 ビーグルゴウコウカイキ

4件 の用語解説(ビーグル号航海記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビーグルごうこうかいき〔‐ガウカウカイキ〕【ビーグル号航海記】

《原題Journal of Researches into the Natural History and Geology of the Countries Visited during the Voyage of H.M.S. Beagle round the World》博物誌。ダーウィン著。1839年刊。31~36年に博物学者として英海軍の測量艦ビーグル号に乗船し、南アメリカガラパゴス諸島・南太平洋諸島オーストラリアなどを周航したときの、各地の動植物・地質などの調査記録を日記の形で記述したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビーグル号航海記【ビーグルごうこうかいき】

C.ダーウィンの著書。1839年刊。1831年―1836年に英国の軍艦ビーグル号に便乗し,南アメリカ大陸南太平洋などを巡って,自然観察や採集を行った時の記録。
→関連項目ガラパゴス[諸島]ダーウィン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ビーグルごうこうかいき【ビーグル号航海記】

博物誌。ダーウィン著。1839年刊。以後改訂増補。1831~36年の間、英海軍の測量艦ビーグル(Beagle)号に博物学者として乗船して南半球を周航した際の動植物および地質の観察調査記事が記載されている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビーグル号航海記
びーぐるごうこうかいき

進化論を確立したC・ダーウィンの著作。1839年ビーグル号艦長フィッツ・ロイRobert Fits-Roy(1805―65)の著作の一部として出版され、45年にダーウィンの部分のみが単行本として刊行された。正式書名は『Journal of Researches into the Natural History and Geology of the Countries Visited During the Voyage of H. M. S. Beagle』。ビーグル号はイギリス海軍の測量艦で、10門の砲を備えた木造帆船である。1831年暮れにプリマスを出港、5年後の36年10月に帰港するまで、南アメリカ沿岸、太平洋諸島、ニュージーランド、オーストラリアを周航した。ダーウィンはこの航海の間に各地の動植物や地質を観察、調査し、標本を収集した。航海記はそれらのことを日記の形式で克明に記述しており、全体が21章からなり、第17章にはガラパゴス諸島があてられている。[宇佐美正一郎]
『島地威雄訳『ビーグル号航海記』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビーグル号航海記の関連キーワード原題Commander of the Order of the British EmpireKnight Grand Cross of the Order of the British Empire死が二人をわかつまで死の殻とりすました被告長い脚のモデルYOGA JOURNAL 日本版Master's Degree

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビーグル号航海記の関連情報