コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーナー ビーナー vinā

翻訳|vinā

3件 の用語解説(ビーナーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーナー
ビーナー
vinā

インドの主要な弦鳴楽器。古くは,弦楽器全体をビーナーと呼んでいた。古代のビーナーには,エジプトビーン vinから出た名で弓型ハープがあった。これは,1000年以上も前にインドから姿を消し,以後,ツィター属の楽器をさすようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビーナー

南インドのリュート撥弦楽器カルナータカ音楽独奏楽器。最高級品は1本の木をくりぬいて作り,棹の片端には紙のはりぼてか瓢箪製の共鳴体を取り付ける。4本の演奏弦と3本のリズムを刻むサイド弦。
→関連項目ムリダンガム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビーナー【vīṇā[サンスクリツト]】

インドの代表的な弦楽器。インド最古の文献ベーダの中にすでにビーナーに関する記述があり,インド古来の楽器として長い歴史をもつ。古くはハープなどを含む弦楽器の総称であったらしく,現在の形に至るまでには多くの変遷をたどってきている。今日のビーナーは18世紀に栄えた南インド音楽の中心地タンジョールで完成されたもので,おもに南インドで古典音楽に独奏楽器として用いられている。北インドにあるビーナーは通常ビーンbīnと呼ばれ,フレットが固定された竹製の棹の両端に同じ形のふくべが共鳴体として取り付けられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビーナーの関連キーワードインド綿インドラカシミール語バルナウインドリグベーダ東インドアベスター語ロンダヤリグ・ベーダ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビーナーの関連情報