コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピゴット Piggott, Francis Taylor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピゴット
Piggott, Francis Taylor

[生]1852.4.25. ギルフォード
[没]1925.3.12. ロンドン
イギリスの来日顧問。ケンブリッジ大学卒業。弁護士。日本政府の要請で 1888年1月内閣法律顧問として着任,首相伊藤博文のもとで,公布間近い明治憲法 (大日本帝国憲法 ) の運用面について助言した。 91年1月満期解任。帰国後は主としてイギリス植民地の司法官をつとめ,1912年には中国政府の法律顧問となり,のち国際法にすぐれた業績を残した。この間,日本を再訪,伊藤との親交をあたため,明治天皇に謁見している。

ピゴット
Pigott, Richard

[生]1828?
[没]1889
アイルランドのジャーナリスト。 1886年アイルランド自治運動家を中傷する偽造文書を『タイムズ』紙に与え,同紙はこれをもとにして「パーネル主義と犯罪」という記事を掲載した。議会の任命によるパーネル委員会の調査の結果,文書が偽造であることが判明し,彼はマドリードへ逃亡,自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ピゴット Piggott, Sir Francis Taylor

1852-1925 イギリスの法律家。
1852年4月25日生まれ。明治21年(1888)伊藤博文の法律顧問として来日。明治憲法草案の起草に貢献した。24年帰国。香港最高法院長などをつとめた。日本の音楽や庭園などに関する著書もある。1925年3月12日死去。72歳。ケンブリッジ大トリニティー-カレッジ卒。

ピゴット Piggott, Francis Stewart Gilderoy

1883-1966 イギリスの軍人。
1883年3月18日生まれ。F.T.ピゴットの子。明治21年(1888)両親と初来日。のち駐日イギリス大使館付武官としてたびたび来日。大正10年皇太子(昭和天皇)訪英の接伴員をつとめた。昭和14年帰国。1966年4月26日死去。83歳。ロンドン出身。ウーリッジ陸軍士官学校卒。著作に「断たれたきずな」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ピゴットの関連キーワードフランシス(Dick Francis)F.S.G. ピゴットサイクロンスピゴット原始社会鉄器時代法律家濃縮槽着任