コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・ダイク Van Dyck, Anthony

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファン・ダイク
Van Dyck, Anthony

[生]1599.3.22. アントウェルペン
[没]1641.12.9. ロンドン
フランドルの画家。富裕な商家の第7子として生れた。 H.ファン・ババーレンの弟子で,1616~21年には P.ルーベンス弟子および共同制作者であった。 20~21年アランデル伯の招きでロンドンを訪問,21年からイタリア各都市を歴訪して修業,ティツィアーノの作品に影響された。 27~32年アントウェルペンで活躍,当時不在であったルーベンスに代って,祭壇画や肖像画を多くの弟子を使って制作した。 32年イギリスに渡りチャールズ1世の宮廷首席画家となってナイトに叙せられ,以後8年間ロンドンに滞在し,200枚以上の肖像画を制作した。彼の真価である肖像画の技法は継承され,特に 18世紀のゲインズバラに大きな影響を与えた。代表作『チャールズ1世の肖像』 (ルーブル美術館ほか) ,『枢機卿ベンティボリオ』 (1623頃,フィレンツェ,ピッティ美術館) ,『キリスト哀悼』 (アントウェルペン王立美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファン・ダイク
ふぁんだいく
Anton van Dyck
(1599―1641)

ルーベンスに次ぐ17世紀フランドル(ベルギー)の大画家。アントウェルペンの富裕な商人の子に生まれる。早くから画才を現し、17歳のときルーベンスの弟子というよりむしろ助手として入門し、非常な愛顧を受けた。1620年、イギリス王ジェームズ1世に招かれてロンドンヘ渡ったが、まもなくイタリアへ旅立ち、22年いったん帰国のうえ、翌年ふたたびイタリアに赴く。ここでルネサンス期の画家たち、とくにベネチア派のティツィアーノの影響を強く受け、27年帰国後は彼独自の優雅な作風を展開した。32年ふたたびロンドンに渡り、チャールズ1世の首席画家となって、当時のイギリス宮廷貴族の肖像画を多く描いた。しかも、結婚にも名声にも恵まれ、その後のイギリス絵画に決定的ともいうべき影響を与え、41年12月9日、ロンドン近郊のブラックフリーアで没した。
 彼にはルーベンスほどのスケールの大きさはないが、外部からの強い刺激に対してはきわめて敏感であり、その繊麗と優美はまったく独自のものがある。宗教画、神話画も多く描いているが、とくに肖像画に優れたものが多く、代表作に『家族の肖像』(サンクト・ペテルブルグ、エルミタージュ美術館)、『自画像』(ミュンヘン、アルテ・ピナコテーク)、『狩場のチャールズ1世』『ビーナスとバルカン』(ともにルーブル美術館)などがある。[嘉門安雄]
『佐々木基一編『ファブリ世界名画集14 ヴァン・ダイク』(1970・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ファン・ダイクの関連キーワードウィンザー城王立美術コレクションカレーニョ・デ・ミランダスペイン領ネーデルラントダイク(ファン・ダイク)クイーンズ・ギャラリーファンダイク・ブラウンセント・ポール大聖堂ウィーン美術史美術館カスティリオーネフランドル美術ラルジリエールバランシエンヌ東京富士美術館ゲーンズバラストロッツィヨルダーンスリール美術館スナイデルスイギリス美術ルーベンス派

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファン・ダイクの関連情報